(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB22-200(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.2 (Russia) 目次  Contents (総目次)

(第2巻第2章 ロシア)(承前)

 '運輸大臣'(と呼ぶべき)スヴェルドロフYakov Sverdlov,1885-1919: 数次に渡る逮捕、流刑、逃亡を経て1912年に党中央委員(書記長),1917年の革命後にソ連中央執行委員会議長に就任。レーニン の後継者と目されていたが病没)は,我々と一緒に,(ヴォルガ河)蒸気船に乗船していたが,アレンの病気に際して,彼は驚くほど親切であり,助けになった。私たちは,その船でサラトフ(ロシアのサラトフ地区の中心都市)までもどり,そこからレヴァル(エストニアの首都)までの全行程を,旧ロシア皇帝(ツァー)の娘たちが所有していた四輪馬車で旅をした。そのため,アレンは一度も動かされる必要はなかった。その四輪馬車から判断すると,皇帝の娘たちの習慣の中には,ずいぶんと変ったものもいくつかあったにちがいない。豪華な長椅子が1つ置かれており,その座席は底上げされていた。そして,ある者が,座席には穴が3つあり衛生上の目的のために一列にあけられているのを,発見した。(注:道中,トイレにいかずに「用がたせる」ようになっていたと,想像される。ラッセル流の dry sense of humour である)
 帰国の途上,モスクワで,ハーデン・ゲストと私は,チチェーリン(Georgii Vasilevich Chicherin, 1872-1936/チチェリンとも: 1918年から1930年までソ連の外務人民委員(外務大臣)を務めたソ連政府外交最高指導者)が2人のソヴィエト医師にアレンを診察させるまでアレンがモスクワを離れることを許さないと言ったため,彼(チチェーリン)と激しい口論をした。最初彼は,あと2日たたなければそのソヴィエト医師に診てもらうことができないといった。階段上でのその口喧嘩の真っ最中,私は,怒鳴りあいの'試合'を楽しんだ(にふけった)。というのは,チチェーリンは,かつてロロ叔父さんと友だちであり,彼に望みをもっていた(脈があると思っていた)からであった。私は,彼を'人殺し'だと告発するぞと,怒鳴った。私とハーデン・ゲストにとっても,またアレンにとっても,できるだけ速やかにアレンをロシアから連れ出すことが必要不可欠だと思われ,ソヴィエトの医師を待つようにとの命令に従うことは,彼の生命を危険にさらすことだと感じた。ついには妥協がなされ,その二人の医師は即刻やってきて彼を診察した。そのうちの一人はポポフという名前であったが,もう一人の医師の名前は思い出せない。ソヴィエト政府は,アレンがソヴィエト政府に対し友好的であると考えており,また,ソヴィエト政府のために,自分の病気の証拠を隠すためにアレンは死ぬだろうとゲストとミセス・スノードンと私が心配していると,ソヴィエト政府は考えていた。
Sverdlov, the Minister of Transport (as we should call him), who was with us on the steamer on the Volga, was extraordinarily kind and helpful about Allen's illness. We came back on the boat as far as Saratov and from there to Reval, we travelled all the way in the carriage that had belonged to the Czar's daughters, so that Allen did not have to be moved at any stage. If one might judge from the carriage, some of their habits must have been curious. There was a luxurious sofa of which the seat lifted up, and one then discovered three holes in a row suitable for sanitary purposes. At Moscow on the way home Haden Guest and I had a furious quarrel with Chicherin because he would not allow Allen to leave Moscow until he had been examined by two Soviet doctors, and at first he said that he could not get the Soviet doctors to see him for another two days. At the height of the quarrel, on a staircase, I indulged in a shouting match because Chicherin had been a friend of my Uncle Rollo and I had hopes of him. I shouted that I should denounce him as a murderer. It seemed to us and to Allen vital to get him out of Russia as soon as possible, and we felt that this order to wait for Soviet doctors would endanger his life. At last a compromise was effected by which the doctors saw him at once. One of them was called Popoff; the name of the other I have forgotten. The Soviet Government thought that Allen was friendly to them and that Guest and Mrs Snowden and I were anxious he should die so as to suppress his testimony in their favour.
</TD>
(掲載日:2007.04.06 更新日:2011.8.30)