(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB22-190(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.2 (Russia) 目次  Contents (総目次)
* 右下ラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.
(第2巻第2章 ロシア)(承前)


ヴォルガ河上にて
1920年6月2日


 私たちが乗った船は,日々,未知で神秘的な土地(国土)を通って進んでいます。一行は騒々しく,陽気で,喧嘩好きで,空論ばかりを言い,すべてにおいて皮相な説明が行われ,彼らボルシェヴィキの理解できないことは何一つなく,彼らの体制の範囲外には人間の運命というものはまったくないと,私たち一行は説き伏せられています(注:共産主義社会の到来は必然だが,それ以外は必然的なものはない,という意味?)。一行のうちの一人(ラッセル注:クリフォード・アレン)は,死の床についており(←死の世界の入り口に横たわっており),衰弱,恐怖,それから,元気な連中の冷淡さと激しい戦いを続けています。大声でいちゃついたり,くだらないことで笑いこけている騒音で,一日中攻めたてられています。そうして私たちの周囲には,死神のように強く,天空のように測りしれない深遠な静寂が横たわっています。誰もこの静寂に耳をかたむける余裕(暇)はないように見えます。それにもかかわらず,静寂は,執拗に,宣伝家たちの演説や博識家どものはてしのない情報には耳を傾けないようにと,私に呼びかけます。
 昨夜かなり遅く,私たちの船は,家が一軒もない,とても荒涼とした場所に停泊しました。しかし,そこには,大きな砂丘だけがあり,その砂丘の向こうにはポプラ並木があり,その背後に月が昇っていました。私は無言で上陸しました。そしてその砂丘の上に,見慣れない人たちの集団を発見しました。半ば放浪の民で,どこか遠く離れた飢饉におそわれた地方からさ迷って来た人たちであり,どの家族もお互い寄り添い,持ち物すべてを身のまわりにおいていて,あるものは眠り,あるものは無言で小枝で小さな焚き火をしていました。ゆらゆらゆれる焚き火の炎が,野生的な男たちのこぶだらけの髭面,逞しく忍耐強く素朴な女性たち,両親と同じように物静かで動作の鈍い子供たちを,明るく照らし出していました。疑いもなく彼らは人間でした。にもかかわらず,私にとっては,彼らのうちの誰かと親しくなることよりも,犬や猫や馬と親密になる方が,はるかにやさしいだろうと思われました。彼らは,自分たちが後にした土地よりもはるかに肥沃な土地があると聞かされ −−それは多分聞き違えたのでしょうが−−,どこか遠い土地へ連れていってくれる船がやって来るまで,何日も,あるいは多分何週間も,待ち続けるだろうということが,私たちにはわかりました。途中で死ぬ者もいるでしょう。また全員が,飢え,渇き,肌を焼きこがす真昼の太陽に苦しめられるでしょう。けれども,彼らの苦しみは,言葉では表現できないでしょう。私には,彼らは絶望のために感情を表さず非活動的になっているまさにロシアの魂の典型であり,そのロシアの魂は,あらゆる進歩的あるいは反動的な党を組織している少数の欧化主義者たちに重んじられていません。ロシアはあまりにも大きい国ですので,はっきりとものの言えるごくわずかの少数者も,人類と人類が住んでいる惑星地球が(広大な)宇宙空間で見失われるように,ロシアの中で消え失せてしまっています。私は,理論家たちが,多くの大衆を強制して,彼らの原始時代からの本能に反する行動にかりたてようとすることによって,彼らの不幸を増大させることはあり得ることだと思いました。しかし,工業主義と強制労働の信条によって彼らに幸福がもたらされるとは,信じることができませんでした。
 それにもかかわらず,朝になると私は,唯物史観や真の人民政府の長所についての果てしない議論をまた始めました。私が議論をはじめた連中は,あの不活発な放浪者たちをまだ見たことがありませんでした。そしてまた,たとえ見ていたとしても別に関心をよせはしなかったでしょう。なぜならば,放浪者たちは,宣伝材料にはならないからです。しかし,私には,あの忍耐強い沈黙から何ものかが伝わって来たし,淋しく言外の何ものかが,心地よく打ち解けた知的な会話の間中ずっと,私の心に残り続けました。そしてついに私は,全ての政治は,歯をむき出してニヤッと笑っている悪魔によって鼓舞されており,その悪魔は,私腹をこやすことや権力や理論のために,従順な民衆を苦しめることを,精力家や機転のきく者たちに教えているのだ,と感じはじめました。私たちはいまこうして,百姓たちからとりたてた食べ物をあてがわれ,その百姓の息子たちの間から徴集された兵隊に護衛されて旅行を続けていますので,彼らにお返しに何を与えるべきだろうかと,思案しました。しかし答えは見つかりませんでした。時々私は,彼らの悲しい歌やバラライカのあの忘れられない音楽を聴きました。しかしその楽の音は,あのステップ草原(注:シベリアやモンゴルなどにある樹木のない大草原)の深遠な静寂と混ざり合って,西洋的な満ち溢れた希望などは色あせてしまう,恐ろしく,原因のわからない苦痛を私に残しました。
 
On the Volga, June 2, 1920.

Our boat travels on, day after day, through an unknown and mysterious land. Our company are noisy, gay, quarrelsome, full of facile theories, with glib explanations of everything, persuaded that there is nothing they cannot understand and no human destiny outside the purview of their system. One of us lies at death's door, fighting a grim battle with weakness and terror and the indifference of the strong, assailed day and night by the sounds of loud-voiced love-making and trivial laughter. And all around us lies a great silence, strong as Death, unfathomable as the heavens. It seems that none have leisure to hear the silence, yet it calls to me so insistently that I grow deaf to the harangues of propagandists and the endless information of the well informed.
Last night, very late, our boat stopped in a desolate spot where there were no houses, but only a great sandbank, and beyond it a row of poplars with the rising moon behind them. In silence I went ashore, and found on the sand a strange assemblage of human beings, half-nomads, wandering from some remote region of famine, each family huddled together surrounded by all its belongings, some sleeping, others silently making small fires of twigs. The flickering flames lighted up gnarled bearded faces of wild men, strong patient primitive women, and children as sedate and slow as their parents. Human beings they undoubtedly were, and yet it would have been far easier for me to grow intimate with a dog or a eat or a horse than with one of them. I knew that they would wait there day after day, perhaps for weeks, until a boat came in which they could go to some distant place where they had heard - falsely perhaps - that the earth was more generous than in the country they had left. Some would die by the way, all would suffer hunger and thirst and the scorching midday sun, but their sufferings would be dumb. To me they seemed to typify the very soul of Russia, unexpressive, inactive from despair, unheeded by the little set of westernisers who make up all the parties of progress or reaction. Russia is so vast that the articulate few are lost in it as man and his planet are lost in interstellar space. It is possible, I thought, that the theorists may increase the misery of the many by trying to force them into actions contrary to their primeval instincts, but I could not believe that happiness was to be brought to them by a gospel of industrialism and forced labour.
Nevertheless, when morning came, I resumed the interminable discussions of the materialistic conception of history and the merits of a truly popular government. Those with whom I discussed had not seen the sleeping wanderers, and would not have been interested if they had seen them, since they were not material for propaganda. But something of that patient silence had communicated itself to me, something lonely and unspoken remained in my heart through all the comfortable familiar intellectual talk. And at last I began to feel that all politics are inspired by a grinning devil, teaching the energetic and quick-witted to torture submissive populations for the profit of pocket or power or theory. As we journeyed on, fed by food extractcd from the peasants, protectcd by an army recruited from among their sons, I wondered what we had to give them in return. But I found no answer. From time to time I heard their sad songs or the haunting music of the balalaika; but the sound mingled with the great silence of the steppes, and left me with a terrible questioning pain in which occidental hopefulness grew pale.
(掲載日:2007.01.2.28 更新日:2011.8.29)