(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB22-210(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.2 (Russia) 目次  Contents (総目次)
(第2巻第2章 ロシア)(承前)

 レヴァル(Reval:エストニア共和国の首都で,現在のTallinn)で,偶然スタン・ハーディング夫人(Mrs Stan Harding)に出会った。私はその時まで,彼女のことはまったく知らなかった。彼女はボルシェヴィキ(ロシア共産主義者)に対する情熱に満たされて,ロシアに入ろうとしていた。私は彼女を目ざめさせようとして(←魔法を解こうとして)全力をつくしたが,成功しなかった。ボルシェヴィキは,彼女が到着するや否や彼女を監獄に放り込んで,8ケ月間そのままにしておいた。彼女は,英国政府の執拗な要求によって,最後には釈放された。
 だがその失策は,ハリソン夫人(Mrs Harrison)(側)ほど,ソビエト政府(側)になかった(注:原文にある a certain の用法及び精確な意味合い不明)。ハリソン夫人は,私たち一行とヴォルガ河上で同船していたアメリカの良家の淑女であった。彼女は,明らかに恐怖を感じており,ロシアから逃げ出したがっていた。しかしボルシェヴィキたち(ロシア共産主義者たち)は彼女を厳重に監視していた。ボルシェヴィキが旧体制(帝制)から引き継いだアキシオネフ(Axionev)というスパイが,たえず彼女を監視し,彼女の話すことを一語も漏らさずに聴いていた。彼はあごひげを長くのばし,憂鬱な表情をしており,退廃的なフランス語の詩をとても上手に書いた。彼は,夜汽車のコンパートメント(仕切られた客室)を彼女と相席した。船上で誰かが彼女と話す時はいつも,彼は彼女の後ろに黙って忍び寄った。彼はつきまとう技術に関してはきわめて長けていた。私はこの女性をとても気の毒に感じた。しかしそれは見当ちがいであった。彼女はアメリカのスパイであり,英国にも雇われていた(いわゆる二重スパイ。ロシア人たちは,彼女がスパイであることを見抜いた。そうして,彼女が今度はロシアのためのスパイになることを条件としてその生命を助けた。けれども彼女はロシアのために働くことをさぼり,ロシアと親しい者を(当局に)密告し,ロシアの敵を逃がしてやったりした。ハーディング夫人は,ハリソン夫人がスパイであることを知っていた。そのために,(ハリソン夫人は)ハーディング夫人を早急に始末してしまわなければならなかった。これが,彼女がハーディング夫人をソビエト当局に密告した理由であった。それにもかかわらず,彼女はとてもチャーミングな女性であった。そうしてアレンが病気の中,アレンの古くからの友人たちよりも,はるかに優れた技量を発揮し,より以上に献身的に彼を看病した。あとで,彼女がスパイであるという事実が明るみに出た時,アレンはたとえ一言でも,彼女を悪く言う言葉を断固として拒んだ。
At Reval I met by accident Mrs Stan Harding, whom I had not known before. She was going into Russia filled with enthusiasm for the Bolsheviks. I did what I could to disenchant her, but without success. As soon as she arrived they clapped her into gaol, and kept her there for eight months. She was finally liberated on the insistent demand of the British Government. The fault, however, lay not so much with the Soviet Government as with a certain Mrs Harrison. Mrs Harrison was an American lady of good family who was with us on the Volga. She was in obvious terror and longing to escape from Russia, but the Bolsheviks kept her under very close observations. There was a spy named Axionev, whom they had taken over from the ancien regime, who watched her every movement and listened to her every word. He had a long beard and a melancholy expression, and wrote decadent French verse with great skill. On the night-train he shared a compartment with her; on the boat whenever anybody spoke with her he would creep behind silently. He had extraordinary skill in the art of creeping. I felt sorry for the poor lady, but my sorrow was misplaced. She was an American spy, employed also by the British. The Russians discovered that she was a spy, and spared her life on condition that she became a spy for them. But she sabotaged her work for them, denouncing their friends and letting their enemies go free. Mrs Harding knew that she was a spy, and therefore had to be put away quickly. This was the reason of her denouncing Mrs Harding to the Soviet authorities. Nevertheless, she was a charming woman, and nursed Allen during his illness with more skill and devotion than was shown by his old friends. When the facts about her subsequently came to light, Allen steadfastly refused to hear a word against her.
(掲載日:2007.07.26 更新日:2011.8.31)