(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan



『ラッセル自伝』22-030(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.2 (Russia) 目次  Contents (総目次)
* Clifford Allen の写真出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, c.1981.
* Dora Black の写真(右下)出典:The Life of B. Russell in His Pictures and in His Own Words, 1972. comp. by Christopher Farley and David Hodgson.


(第2巻第2章 ロシア)(承前)

の画像
enlarge(拡大する!)
 私は,1919年6月,ドロシー・リンチの提案を受け入れ,バターシー(注:ロンドンの Battersea/右欄の衛星写真参照)で私がクリフォード・アレンClifford Allen, 1889-1939)と共有(同居)していたフラット(アパート)に,ドーラをお茶に招待した。彼女はやってきた。そうして私たちは,(子供に対する)父親の権利について激論を始めた。彼女は,(他の人はともかく,)自分としては,子供を持ったら,子供は完全に自分だけのものであると考えたい,また(子供に対する)'父親の権利'はまったく認めたくない,と言った。私はむきになって次のように応えた。「わかりました。私は誰と子供を持つにしても,あなたとだけはないでしょう!」 この議論の結果,その翌日,私は彼女と夕食を共にし,そうしてその夕べの別れ際に,彼女がルルワースに来て長期滞在することで話がまとまった(合意した)。私はその日,いつも以上に,コレットと決定的に別れようと心に誓った(抱いた)。そうして,再び彼女と会おうとは思わなかった。けれども,私とリトルウッドがルルワースに着いた次の日,私は,コレットから電報を受け取った。その電報には何時間も汽車が無いのでこれからハイヤーでそちらに向かう途中だと書かれていた。幸いにもドーラは数日間来る予定がなかったのでよかったが,私は,この年の夏の間中,彼女たちが鉢合わせするのをふせぐため,苦労をするとともに決まりが悪い思いをした。
 私は,このくだりを1931年に書き,それを1949年コレットに見せた。(その後)コレットは私に手紙をよこしたが,その手紙には私が1919年に彼女に出した2通の手紙が同封されていた。同封されていたコレット宛の手紙を読み返し,私が非常に多くのことを忘れてしまっていたことが明らかになった。それを読んで私が思い出したのは,ルルワース滞在期間中ずっと,コレットの振舞(態度)の変動に影響されて,私の感情が激しく変動したことであった。彼女は3つの異なった気分<(ムード)を持っていた。1つ目は熱烈な献身的気分,二つ目は永久に別れるという'諦めの気分,三つ目は穏やかな無関心の気分であった。これらの一つ一つが私の心にそれぞれ異なった反響を引き起こしたが,彼女が同封した(私が書いた)手紙を読んで,それらの反響は私が記憶していた以上に大きなものであったことがわかった。彼女の手紙と私の手紙は,当時の感情についての記憶の信頼性のなさを示している。私たちはお互いに相手を知っていたが,臨機応変の問題が生じた。そして,それは決して容易なものではなかったのである。
 ドーラと私は,ルルワースに彼女が来た時,恋人同士になった。彼女がルルワースに滞在していた夏の期間(注:夏の全期間ではなく,ドーラがいた期間)は,この上なく楽しいものだった。私とコレットとの間の主要な困難は,彼女が子供を持つことをいやがったことであり,また,私が子供を持つつもりであればこれ以上この問題を棚上げにしておくことはできないと私が感じたこと,であった。ドーラは,結婚をするしないにかかわらず,心から子供を持ちたがっており,それで,私たちは初めから予防措置をとらなかった(避妊しなかった)。彼女は,二人の関係が即座といってよいほど早く結婚と全く同じ性質を帯びてしまったことに気づき,少し失望した。また,私が,(別居中のアリスと正式に)離婚をして彼女と再婚できればうれしいと言うと,彼女は突然泣き出してしまった。結婚は'自立'(独立)と'気楽さ'の終焉を意味すると感じたからであろう(と思われる)。しかし,私たちが共有した感情には,ふまじめな関係をいっさい不可能にするような'安定性'があったように思われる。彼女の公的な能力(有能さ)のみを知っている人たちは,責任感が彼女に重くのしかからない時にはいつも持っていた小妖精のような魅力という特質を彼女がもっているなどとはほとんど信じられないだろう。彼女は,月明かりで(月明かりを頼りに)水浴びをしたり,あるいは,露で濡れた草の上を裸足で走ることによって,私の親になりたいという欲求及び社会的責任感に強く訴えかけた彼女の真面目な面と同じように完璧に,私の想像力をとらえた(勝ちとった)のである。
* A Satellite Photo of Battersea: From Google Satellite, 2006

In June 1919, at Dorothy Wrinch's suggestion, I invited her to come to tea with Allen and me at the flat that I shared with him in Battersea. She came, and we embarked on a heated argument as to the rights of fathers. She said that, for her part, if she had children she would consider them entirely her own, and would not be disposed to recognise the father's rights. I replied hotly: 'Well, whoever I have children by, it won't be you!' As a result of this argument, I dined with her next evening, and at the end of the evening we arranged that she should come to Lulwonh for a long visit. I had on that day had a more than usually definitive parting from Colette, and I did not suppose that I should ever see her again. However, the day after Littlewood and I got to Lulwonh I had a telegram from Colette to say that she was on her way down in a hired car, as there was no train for several hours. Fortunately, Dora was not due for some days, but throughout the summer I had difficulties and awkwardnesses in preventing their times from overlapping.
I wrote the above passage in 1931, and in 1949 I showed it to Colette. Colette wrote to me, enclosing two letters that I had written to her in 1919, which showed me how much I had forgotten. After reading them I remembered that throughout the time at Lulworth my feelings underwent violent fluctuations, caused by fluctuations in Colette's behaviour. She had three distinct moods: one of ardent devotion, one of resigned determination to part for ever, and one of mild indifference. Each of these produced its own echo in me, but the letters that she enclosed showed me that the echo had been more resounding than I had remembered. Her letter and mine show the emotional unreliability of memory. Each knew about the other, but questions of tact arose which were by no means easy.
Dora and I became lovers when she came to Lulworth, and the parts of the summer during which she was there were extraordinarily delightful. The chief difficulty with Colette had been that she was unwilling to have children, and that I felt if I was ever to have children I could not put it off any longer. Dora was entirely willing to have children, with or without marriage, and from the first we used no precautions. She was a little disappointed to find that almost immediately our relations took on all the character of marriage, and when I told her that I should be glad to get a divorce and marry her, she burst into tears, feeling, I think, that it meant the end of independence and light-heartedness. But the feeling we had for each other seemed to have that kind of stability that made any less serious-relation impossible. Those who have known her only in her public capacity would scarcely credit the quality of elfin charm which she possessed whenever the sense of responsibility did not weigh her down. Bathing by moonlight, or running with bare feet on the dewy grass, she won my imagination as completely as on her serious side she appealed to my desire for parenthood and my sense of social responsibility.
(掲載日:2006.11.06 更新日:2011.8.9)