(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』21-240(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.1 (The First War) 目次へ  Contents (総目次へ)
(第一章 第一次世界大戦)(承前)

の画像
enlarge(拡大する!)
 ケレンスキー革命が起こった時,それに共鳴するものの大規模な集会がリーズで開催された(注1:アレクサンドル・フョードロヴィチ・ケレンスキー:1881-1970:ロシア革命の指導者の1人で,1917年の2月革命の時,臨時政府首相を務めたが,ボリシェビキ派に敗れ,海外に亡命。1940年から死亡する1970年まで米国在住。なお,2月革命'は,グレゴリオ暦によると3月におきたことになる。/注2:Leeds は,West Yorkshire 州と Kent 州にあるが,下記に「traveled up 北に向かって旅行をした」とあるので,West Yorkshire と思われる)。私はこの集会で演説した。コレットは夫と共に出席していた。私たちは,ラムゼイ・マクドナルド(James Ramsay Macdonald,1866-1937:1911年英国労働党党首,第一次世界大戦では非戦論者で党首を辞任。1918年党首に再任され,1924年第一次内閣を組織して首相兼外相。1929年に第二次労働党単独内閣を組織。後に路線の違いから,労働党を脱党。また,1931〜1935年,労働党を除く挙国一致内閣の首相をつとめた。)とともに(リーズに向かって)汽車で北へ向かって旅をした。彼は,(車中)茶目なスコットランドの長いユーモア話を,あまりにもだらだらと(メリハリなく)語って時間を費やしたので,話のポイントに気付くのはほとんど不可能であった。リーズ(の集会)では,ロシア型の労働者や兵士の'評議会'を発起する(設立する)ことを目的として,イングランドとスコットランドのさまざまの地区で組織作りを試みることが決定された。
 ロンドンでは,この目的のための集会が,(Islington, London の)サウスゲート通りにあるブラザーフット教会で開かれた。愛国主義の新聞(社)は,近隣のパブ(居酒屋)全てに −−その地区は非常に貧しかった。−− リーフレットを配布した。そのリーフレットには,「私たち(集会参加者)は,ドイツ人と連絡し,ドイツ軍の飛行機に爆弾を投下すべき場所を信号で知らせました。」と書いてあった。このリーフレットのおかげで,私たちは,この地区ではいくらか不人気となり,まもなく群衆(暴徒)が押し寄せ,その教会の周囲を取り囲んだ(注:右上の写真を参照)。私たちのほとんどが,それに低抗することは有害か,あるいは賢明でないと信じていた。なぜかというと,われわれのうちの何人かは完全な無抵抗主義者であるし,その他の者も,周囲のスラム(貧民窟)の全住民に抵抗するには,われわれの人数はあまりにも少なすぎると理解していたからである。(ただし)少数の者 −−その中にはフランシス・メイネルFrancis Meynell, 1891-1975:詩人で,Nonesuch Press の社主)もいた。−− が抵抗を試み,メイネルが顔に血を流しながら入り口から戻ってきたのをおぼえている。群衆は2,3人の警官に導かれて,どっと押し入ってきた。警官を除いて全員が,多かれ少なかれ,酔っぱらっていた。最も獰猛なのは,錆びた釘がいっぱいついた木の板を持った女闘士たち(viragos)であった。警官たちは,平和主義者の男たち −−警官たちは平和主義者は全員臆病者と思っていた。−− をふさわしい方法で扱うことができるように,我々のうちの婦人たちをまず誘導して退去させようと試みた。スノードン夫人Mrs Philip Snowdenは,この時,非常に賞賛すべき態度で行動した。彼女は,男性たちも同時に立ち退くのを許されなければ,自分もそのホール(会堂)を立ち退かないときっぱり拒否した。その場にいた他の女性たちも同調した。この発言で,−−警官たちは,特に婦人たちを攻撃したいとは望んでいなかったので−−,乱暴者取り締りの責任のある警官たちはかなり狼狽した。しかしこの頃には,群衆の激情は最高潮に達し,その伏魔殿(修羅場)も大混乱に陥った。すべての者が,警察官が静かに眺めているうちに,最善を尽くしてその場を脱出しなければならなかった。(しかし)酔った二人の女闘士(女傑)が,釘のいっぱいついた板で,私を攻撃開始した。このような攻撃に対し,人はいったいどのようにして身を護るのだろうかと思案しているうちに,仲間の女性の一人が警官のところへ行き,私(ラッセル)を護るべきだと促した。けれども,警官たちは,ただ肩をすくめるだけだった。「だけど彼は,著名な哲学者ですよ」とその女性は言った。それでも警官たちは,なおも肩をすくめるだけであった。「でも彼は,世界的に有名な学者ですよ」と彼女は続けた。それでも警官はやはり動かなかった。「しかし彼は伯爵の弟ですよ」と,ついに彼女は叫んだ。これを聞いて,警官たちは,私を助けようと急いだ。しかし,時すでに遅く,彼らは何の役にも立たなかった。私の生命が助かったのは,私がまったく知らないある若い女性のおかげであり,私がそこから十分逃げ出せるまで,私とその女傑たちとの間に彼女が捨て身で割って入ってくれたからである。幸いにも,彼女は襲われずにすんだ。けれども,数人の女性を含め,かなり多数の人々が,教会の建物を出る時に,衣類の背中をちぎりとられていた。コレットもその場に居あわせていたが,私と彼女の間には波打つような群衆がいたので,外に出るまで,彼女のところに行くことはできかった。私たちはひどく憂麓な気分で一緒に家に帰った。
 そのブラザーフット教会の牧師はきわめて勇気のある平和主義者であった。このようなことがあったにもかかわらず,彼は,次の機会に教会で演説するよう私を招待した。しかしこの時は,群衆が説教壇に火をつけたので,演説ができなかった。私が,わが身にふりかかる暴力に遭遇したのは,唯一以上の機会だけであった。その他の集会はすべて混乱しなかった。しかし,新聞の宣伝の力がそのように大きかったので,平和主義者でない友人たちがやって来て,こう言ったものである。「あらゆる集会が群衆のためにつぶされてしまうのに,君はどうして集会で演説し続けようとするのかね?」
写真出典:Ronald Clark's Bertrand Russell and His World, 1981.
の画像
enlarge(拡大する!)

When the Kerensky Revolution came, a great meeting of sympathisers with it was held in Leeds. I spoke at this meeting, and Colette and her husband were at it. We travelled up in the train with Ramsay MacDonald, who spent the time telling long stories of pawky Scotch humour so dull that it was almost impossible to be aware when the point had been reached. It was decided at Leeds to attempt to form organisations in the various districts of England and Scotland with a view to promoting workers' and soldiers' councils on the Russian model. In London a meethg for this purpose was held at the Brotherhood Church in Southgate Road. Patriotic newspapers distributed leaflets in all the neighbouring public houses (the district is a very poor one) saying that we were in communication with the Germans and signalled to their aeroplanes as to where to drop bombs. This made us somewhat unpopular in the neighbourhood, and a mob presently besieged the church. Most of us believed that resistance would be either wicked or unwise, since some of us were complete non-resisters, and others realised that we were too few to resist the whole surrounding slum population. A few people, among them Francis Meynell, attempted resistance, and I remember his returning from the door with his face streaming with blood. The mob burst in led by a few officers; all except the officers were more or less drunk. The fiercest were viragos who used wooden boards full of rusty nails. An attempt was made by the officers to induce the women among us to retire first so that they might deal as they thought fit with the pacifist men, whom they supposed to be all cowards. Mrs Snowden behaved on this occasion in a very admirable manner. She refused point-blank to leave the hall unless the men were allowed to leave at the same time. The other women present agreed with her. This rather upset the officers in charge of the roughs, as they did not particularly wish to assault women. But by this time the mob had its blood up, and pandemonium broke loose. Everybody had to escape as best they could while the police looked on calmly. Two of the drunken viragos began to attack me with their boards full of nails. While I was wondering how one defended oneself against this type of attack, one of the ladies among us went up to the police and suggested that they should defend me. The police, however, merely shrugged their shoulders. 'But he is an eminent philosopher', said the lady, and the police still shrugged. 'But he is famous all over the world as a man of learning', she continued. The police remained unmoved. 'But he is the brother of an earl', she finally cried. At this, the police rushed to my assistance. They were, however, too late to be of any service, and I owe my life to a young woman whom I did not know, who interposed herself between me and the viragos long enough for me to make my escape. She, I am happy to say, was not attacked. But quite a number of people, including several women, had their clothes torn off their backs as they left the building. Colette was present on this occasion, but there was a heaving mob between me and her, and I was unable to reach her until we were both outside. We went home together in a mood of deep dejection.
The clergyman to whom the Brotherhood Church belonged was a pacifist of remarkable courage. In spite of this experience, he invited me on a subsequent occasion to give an address in his church. On this occasion, however, the mob set fire to the pulpit and the address was not delivered. These were the only occasions on which I came across personal violence; all my other meetings were undisturbed. But such is the power of Press propaganda that my non-pacifist friends came to me and said : 'Why do you go on trying to address meetings when all of them are broken up by the mob?'


(掲載日:2006.09.04 更新日:2011.7.19)