(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

次ページ 前ページ 第1巻 第6章(プリンキピア・マテマティカ)目次 総目次
* 右写真出典:R. Clark's B. Russell and His World, 1981.


 選挙騒動
 婦人参政権論者を怯えさせるためにネズミ
 が放たれる
 ウィンブルドン選挙戦



ラッセル関係電子書籍一覧
 ウィンブルドン選挙区の候補者で婦人参政権論者のバートランド・ラッセル閣下は,土曜日の夜,選挙運動を開始し,ウォープル・ホール(Worple Hall=Wimbledon Picture Palace)において,混雑しかなり騒々しい集会で演説を行った。(集会後)次のような様々な人々に対する歓迎会が催された。即ち,
集会の議長をつとめた自由主義者協会(ウィンブルドン)地区執行評議会メンバーの O.H.ビーティ氏,侯補者(バートランド・ラッセル),ラッセル夫人,自由党から総選挙に立候補して落選したセント・ジョージ・レーン・フォックス=ピット氏,フィリップ・スノードン夫人,アリソン・ガーランド嬢といった講演者の面々,及び婦人参政権協会全国連合関係者多数
 約二千人の聴衆の一部がこの集会の後援者たちに対し敵対的なのは,最初から明らかであった。議長はしばしば静粛を求めたが無駄であった。開会から10分もたたないうちに,会場ホールの一角で乱闘が起こり,沈静するまでに5分間かかった。聴衆たちはベンチや椅子に飛びのり,喧嘩をしている人たちをけしかけた。
の画像
enlarge(拡大する!)
 続いて,2匹の大きなネズミが袋から放たれ,前列の席に座っていた淑女たちの間の床の上をネズミが駆け回った。しばらくの間,大騒動になり,淑女たちは椅子の上に飛び上がった。一方,多数の男たちはその椅子のまわりでネズミを追いかけまわして捕まえ,遂にようやくのこと,殺害した。集会終了後,死んだネズミのうちの一匹がヴィクトリア・クレセント(Victoria Crescent/多分上の地図で黄色の円で囲んだあたり)に持ちこまれ,(ラッセル)候補者の選挙対策委員会室に投げ込まれた。
 けれども,集会における乱暴狼藉を行ったのは,無責任な(責任感のない)青年男女多数の群衆に限られており,彼らは集会への入場資格はなく,従って,政治的野次馬による卑劣な行為であるとしてウィンブルドン地区の選挙民全体を責めることは,不公平であろう。
 ラッセル氏は,大きな拍手と雑多な妨害によって迎えられたが,妨害があまりに執拗だったため,議長は次のように注意した。「はっきり言って,このようなやり方は,ウィンブルドンのみなさんが客人を歓迎するやり方ではありません」 (聴衆の一人から,「(議長の一言で)みんな気落ちしたのか!」と叫ぶ声,それに呼応して「ノー,ノー」と叫ぶ大合唱。1,2分後,議長は再び騒々しい方向に向かって静粛にと要請し,ウィンブルドンの名を汚さないようにと訴えて,一時,静かにさせた。
 ラッセル氏は,自分はまず第一に,男性と同じ条件で,また今後男性に与えられる権利と全く同じ条件で,婦人に参政権を与えるために,立侯補したと宣言した。(やじる声:「みんな,ペチコート(婦人や子供がスカートの下にはくもの)がほしいのか!」 それに対し,「ノー,ノー」の大合唱)
 候補者(ラッセル氏)は続いて,現内閣を支持する,(喝采するもの,騒ぎたてるもの),自由党と保守党とを対立させている全ての問題のなかで最重要の問題は'自由貿易'の問題である,また,'自由貿易'と密接に関連している問題として地価への課税の問題がある,と発言した。
 フォックス=ピット氏は,満面に笑みを浮かべて立ちあがった。彼は,何かチャップリン氏(注:保守党の大物で,ラッセルの対抗馬)>の履歴(悪事?)について何か話したかったが,集会参加者は全然それに耳を傾けようとしなかったので,彼もまた,発言を,断念した。
 フィリップ・スノードン夫人は,より毅然とした態度(決意)を示し,初めのうちは怒号が起こり,ひやかされたが,やがてかなりおとなしく耳を傾けられるようになった。アーサー・ウェッブ夫人,アリソン・ガーランド嬢,それからウォルター・マックラーレン氏もまた演説し,ラッセル氏支持の決議が圧倒的多数でなされた。

Election Uproar
Rats let loose to scare women suffragists
Wimbledon fight

の画像
enlarge(拡大する!)
The Hon. Bertrand Russell, the suffragist candidate for the Wimbledon division, opened his campaign on Sarurday night, when he addressed a crowded and rather noisy meeting in Worple Hall. A mixed reception was given to the chairman, Mr O. H. Beatty, a member of the local Liberal Association executive council, and the platform party, which included the candidate, Mrs Russell, Mr St George Lane Fox-Pitt, the unsuccessful Liberal candidate at the General Election, Mrs Philip Snowden, Miss Alison Garland, and many others connected with the National Union of Women's Suffrage Societies.

From the outset it was apparent that a section of the audience - about 2,000 - was hostile to the promoters. The chairman often appealed in vain for silence. Within ten minutes of the start a free fight took place in one corner of the hall, and five minutes elapsed before peace was restored. People jumped on to the forms and chairs and encouraged the squabblers.
At another stage two large rats were let loose from a bag, and ran about the floor of the hall among a number of ladies sitting in the front seats. For a moment there was great commotion, the ladies jumping on the chairs, whilst a number of men hunted the rats about the seats, and at last managed to kill them. After the meeting one of the dead rats was taken to Victoria Crescent and flung into the candidate's committee room.
The rowdyism of the meeting, however, was confined to a large crowd of irresponsible young men and youths, who ought never to have been admitted, and it would therefore be unfair to blame the general body of Wimbledon electors for the blackguardly conduct of the political rabble.
Mr Russell was greeted with loud applause and general interruptions, and, the latter being persisted in, the chairman remarked: 'Surely this is not the way that Wimbledon men and women greet a stranger.' (A Voice: 'Are we down-hearted?' and cries of 'No'.) A minute or so later the chairman again made an appeal to the rowdy section, and by asking them not to disgrace the name of Wimbledon he secured quietness for a time.
Mr Russell declared that he stood first and foremost for the suffrage for women on the same terms as men, and on the terms on which hereafter it might be granted to men. (A Voice: 'Do we want petticoats?' and cries of 'No'.)
Proceeding, the candidate said he supported the present Government. (Cheers and uproar.) The most important of all the questions that divided the Liberal and Conservative parties was Free Trade, and a question closely associated with Free Trade was taxation of land values.
Mr Fox-Pitt rose, with a broad smile on his face. He wanted to tell them somethiug about Mr Chaplin's history, but the meeting would have none of it, and he too gave up the task as hopeless.
Mrs Philip Snowden showed greater determination, and although at the start she was howled and jeered at, she was given a fairly good hearing. Mrs Arthur Webb, Miss Alison Garland, and Mr Walter MacLaren also spoke, and a resolution in support of Mr Russell was carried by an overwhelmjng majority.
 



(掲載日:2005.12.29/更新日:2011.5.11)