(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』21-06(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.2,chap.1 (The First War) 目次  Contents (総目次)

(第一章 第一次世界大戦)

 第一次大戦初期の段階を通して,オットリンOttoline Morrell, 1873-1938)は,私にとって,非常に大きな助けであり,力となった。彼女がいなかったら,開戦当初は私はまったく孤独であっただろうが,彼女は戦争を憎悪することにおいても,また,世界に充満している神話や偽りの受け入れを拒否することにおいても,決してぐらつくことはなかった。その当時,ケンブリッジ大学にはサンタヤーナGeorge Santayana, 1863〜1952)がいたが,彼の談話(座談)からいくらか慰めを得た(注:conversation with ... ではなく conversation of ...)。彼は(大戦に対し)中立主義者であり,人類が自滅するか否か心配するほど,人類に対して尊敬の念を抱いていなかった。(日高訳では,「自らを破滅させようとどうしようと全然おかまいなしの人種は,決して尊敬しえないとしていた。」となっている。enough ... to の構文の見落としか?)彼の穏やかな,哲学上の超俗(超越)は −−それを真似ようという気は私には全然なかったが−−, 私の心を和らげてくれた。'マルヌの戦い'の直前の,間もなくドイツ軍がパリを陥落させるに違いないと思われた時,彼は,夢見ごこちの調子で,ふと次のように言った。
「私は,パリに出かけなければならないと思っています。パリに冬用の下着が置いてあり,それをドイツ軍にとられたくないんです。それから,もっと重要性が低いですが,他に理由があります。私が10年間執筆作業を行ってきた本の原稿がそこに置いてあるんです。しかしそれは,下着のことほど大きな心配はしていませんが・・・。」
 けれども,彼はパリには行かなかった。というのは,マルヌの戦い(でのフランス軍の勝利)により,サンタヤーナの心配事は解消されたからである。(日高訳では,「というのは,'マルヌの戦い'でパリは陥落してしまったために,行く必要もなくなったからである。」となっており,史実と異なっており,誤訳。)パリにいく代わりに,ある日,彼は私にこう言った。
「私は明日,セビリアに行く予定です。人々が自分の情熱を抑圧しないところに居たいと思いますからね。」
★Ottoline Morrell に関する本(洋書)
* 下写真出典:R. Clark's B. Russell and His World, 1981.

の画像
enlarge(拡大する!)
Throughout the earlier phases of the War, Ottoline was a very great help and strength to me. But for her, I should have been at first completely solitary, but she never wavered either in her hatred of war, or in her refusal to accept the myths and falsehoods with which the world was inundated.
I found a minor degree of comfort in the conversation of Santayana, who was at Cambridge at that time. He was a neutral, and in any case he had not enough respect for the human race to care whether it destroyed itself or not. His calm, philosophical detachment, though I had no wish to imitate it, was soothing to me. Just befoire the Battle of the Mame, when it looked as if the Germans must soon take Paris, he remarked in a dreamy tone of voice: 'I think I must go over to Paris. My winter underclothes are there, and I should not like the Germans to get them. I have also another, though less important, reason, which is that I have there a manuscript of a book on which I have been working for the last ten years, but I do not care so much about that as about the underclothes.' He did not, however, go to Paris, because the Battle of the Marne saved him the trouble. Instead, he remarked to me one day: 'I am going to Seville tomorrow because I wish to be in a place where people do not restrain their passions.'