(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』17-04(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.1,chap.7 (Cambridge Again) 目次  Contents (総目次)

 (アリスとの)この出来事の現場から --まだ自分は癌だと信じつつ-- スタッドランド(Studland)に直行した。スワネージ(Swanage:/スワンエイジ,スウォニッジ)で私は,信じがたいほど歩みののろい馬付の'旧式の一頭立て貸馬車'(fly)を手に入れた。幾つもの丘を登ったり降りたりしてゆっくりと進むうちに,私の忍耐心はほとんど限界に達した。けれども,ついに道路脇の松林の中にオットリンが坐っているのを発見し,私は馬車から降り,荷物をのせたまま馬車を先に行かせた。私がスタッドランドで(オットリンとともに)過ごした3日3晩は,人生がおよそ可能なかぎり素晴らしいものであるように思われた貴重なひととときの一つとして,私の記億に残っている。実際は,人生はその可能性の全てを開花させることなどめったにないのだが。(松下注: 'all that it might be' のところのニュアンスが必ずしもよくわかりません。文法的にどのように解釈するのが正しいか,またどのようなニュアンスなのか,分かる方は WebMaster宛にメールでご教授ください。)
もちろん私は,癌であるかもしれないということを怖れる理由のあることを,オットリーンには話さなかったが,その可能性があるという考えは,私の幸福感により強度を与えることによって,また,自分の幸せが破滅の入り口でもぎとられようとしているという感覚によって,私の幸福感を高めたのである。歯科医が私に(癌の可能性について)話した時,私の最初の反応は,幸福が目の前に現れたと思われた丁度その時に,結局はこのような運命神が私をつかまえてくれたことを祝うというものであった。私は,心の奥底のどこかで,喜びを得てもそれは巧妙に仕組まれた責め苦から成り立っているという,そういう(自分の)運命神を信じていたと思われる。しかしながら,スタッドランドの3日間を通して,この不吉な(悪性の)運命神も結局のところは完全には成功しなかったように思われた。(というのは)私がついに専門医に会った時,心配すべき重大なことは何もないということがわかった(からである)
の画像
enlarge(拡大する!)
From this scene I went straight to Studland, still believing that I had cancer. At Swanage, I obtained an old-fashioned fly with an incredibly slow horse. During his leisurely progress up and down the hills, my impatience became almost unendurable. At last, however. I saw Ottoline sitting in a pine-wood beside the road, so I got out, and let the fly go on with my luggage. The three days and nights that I spent at Studland remain in my memory as among the few moments when life seemed all that it might be, but hardly ever is. I did not, of course, tell Ottoline that I had reason to fear that I had cancer, but the thought of this possibility heightened my happiness by giving it greater intensity, and by the sense that it had been wrenched from the jaws of destruction. When the dentist told me, my first reaction was to congratulate Deity on having got me after all just as happiness seemed in sight. I suppose that in some underground part of me I believed in a Deity whose pleasure consists of ingenious torture. But throughout the three days at Studland, I felt that this malignant Deity had after all been not wholly successful. When finally I did see the specialist, it turned out that there was nothing the matter.
(掲載日:2006.01.18/更新日:2011.5.18)