(本館Top) (初心者Top) (分館Top)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

前ページ 次ページ v.1,chap.7 (Cambridge Again) 目次 Contents (総目次)

 『プリンキピア・マテマティカ(数学原理)』の執筆が終了したので,目標がなくなってしまったような気分にいくらかなった。それは,刑務所から出所したときのような気分であり,大変嬉しくはあるけれども,やや当惑を感じた。その頃,予算法と国会法(注:Parliament Act:英国貴族院(=上院)の法案拒否権を制限し,下院優越を確定した法律で,1911年に制定)の問題で自由党と貴族院(=上院)との間に争いがあり,それに大変関心をよせていたので,私は政治の世界に入っていきたい気持ちになった。そこで私は,自由党本部に(立候補するための)選挙区の申請をしたところ,ベッドフォード選挙区に推薦された。私は(ケンブリッジから)ベッドフォードに出かけていって,そこの自由主義者協会(Liberal Association)で演説をし,熱狂的歓迎をうけた。しかし,演説をはじめる前に,奥にある小さな部屋に連れて行かれ,そこで,規則通りの信仰問答(Catechism;'教会問答'ともいう)を受けさせられた。おおよそ次のような言葉だったように記憶している。


の画像
enlarge(拡大する!)
イラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953
 あなたは英国国教会(the Church of England)に所属していますか(信者ですか)。(松下注:最近では,通常,「英国聖公会」と呼ばれているようである。)
 いいえ。私は非国教徒として育てられました。

 それで,いまでもそうですか
 いいえ,いまはちがいます.

 それではあなたは不可知論者だと考えていいですか
 はい。そう考えないといけないと思います。

 時には教会に出席したいとお思いになりますか
 いいえ,そうは思いません

 あなたの奥さんは,時々は教会に出席したいと思われますか
 いいえ。妻はそうは思いません。

 それは,あなたが不可知論者だからですか。
 はい。多分そうだろうと思います。


 このように私が答えた結果,自由党本部の幹部は,ベッドフォード区の候補者として,ケラウェイ(Frederick George Kellaway, 1870-1933)を選び,(当選後)彼は郵政大臣になった(Frederick George Kellaway, M.P. P.C.)。そうして第一次世界大戦中は正論(correct opinions: 理想化された人間に対して発せられる倫理的な命令のことで?,キリスト教でよく使われる言葉?)を持していた。彼らは,私から逃れて幸運だったと思ったにちがいない。私自身もまた,幸運だったと感じた。というのは,ベッドフォード(自由主義者協会)が慎重になっている間に,私は,ケンブリッジ大学のトリニティ・コレッジから数学原理の講師になるようにとの誘いを受けたからである。こちらの方が,私にとっては政治よりもっと魅力的であった。しかし,もしもベッドフォード(自由主義者協会)が私を候補者として受け入れていたとしたら,私はケンブリッジ大学からの誘いを断らなければならなかったであろう。
の画像
enlarge(拡大する!)
 私は,1910年の10月学期(秋学期)の始めに住まいを借りた。アリスと私は(ケンブリッジの)ブリッジ・ストリート(Bridge Street:Google の地図及び衛星写真参照)に貸間を借り,さらに私は,トリニティ・コレッジのネヴィルズ・コートのI号館(?)に部屋をもった。私はネヴィルズ・コートの部屋がとても好きになった。それは,1894年にケンブリッジ大学を離れて以降,(ケンブリッジ大学に)自分占有の部屋をもった最初のものであった。私たちは,バグレイ・ウッドの家を売り,そうして,あたかも人生が新しい軌道のもとに再出発するかのように思われた。


ラッセル関係電子書籍一覧
Principia Mathematica being finished, I felt somewhat at a loose end. The feeling was delightful, but bewildering, like coming out of prison. Being at the time very much interested in the struggle between the Liberals and the Lords about the Budget and the Parliament Act, I felt an inclination to go into politics. I applied to Liberal Head-quarters for a constituency, and was recommended to Bedford. I went down and gave an address to the Liberal Association, which was received with enthusiasm. Before the address, however, I had been taken into a small back room, where I was subjected to a regular catechism, as nearly as I remember in the following terms:
Q. Are you a member of the Church of England?
A. No. I was brought up as a Nonconformist.
Q. And have remained so?
A. No, I have not remained so.
Q. Are we to understand that you are an agnostic?
A. Yes, that is what you must understand.
Q. Would you be willing to attend church occasionally?
A. No, I should not.
Q. Would your wife be willing to attend church occasionally?
A. No, she would not.
Q. Would it come out that you are an agnostic?
A. Yes, it probably would come out.
In consequence of these answers, they selected as their candidate Mr Kellaway, who became Postmaster General, and held correct opinions during the War. They must have felt that they had had a lucky escape. I also felt that I had had a lucky escape, for while Bedford was deliberating, I received an invitation from Trinity College to become a lecturer in the principles of mathematics. This was much more attractive to me than politics, but if Bedford had accepted me I should have had to reject Cambridge.
の画像
enlarge(拡大する!)
I took up my residence at the beginning of the October term in 1910. Alys and I had lodgings in Bridge Street, and I had rooms in letter I, Nevile's Court. I became very fond of these rooms, which were the first place exclusively my own that I possessed since leaving Cambridge in 1894. We sold our house at Bagley Wood, and it seemed as if life were going to be settled in a new groove.

(掲載日:2006.01.06/更新日:)