(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』16-15(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第6章(プリンキピア・マテマティカ)目次  総目次
* (参考)杉浦光夫「学者の伝記と回想」
* 右写真(Principia Mathematica v.1,p.395)出典:R. Clark's B. Russell and His World, 1981.


 1902年から1910年までの間,非常に厳しい知的な仕事と結び合わさって,不幸であることによる緊張(疲労)は,とても大きなものであった(ラッセル注:pp.211−212 にわたって載せてある私のルーシー宛の手紙を参照)。その頃私は,自分が入りこんでいると思われるトンネルのもう一方の先(出口)からはたして抜けだすことができるかどうか,しばしば思案した。私はよく,オックスフォード近くのケニントン(Kennington 前ページの地図参照)にある歩道橋の上に立ち,通過する汽車を眺め,明日こそは汽車の下に身をなげだそうと決意した。しかし,翌日になるといつも,多分『プリンキピア・マテマティカ』はいずれ完成するだろうと望んでいる自分を見出した。さらに,その困難は,私に対する挑戦状の性格(in the nature of a challenge)を帯びており,それに立ち向かって克服しないのは臆病だろうと思われた。そこで私は中断せずにその仕事を続け,遂に完了した。しかし,私の知性は,緊張から完全に回復することは決してなかった。私は,それ以来,難しい抽象的な問題を扱う能力は,以前よりずっと衰えてしまった。これは −−決して全ての理由ではないが−− 私の仕事の性質が変化した理由の1つであった。
の画像
enlarge(拡大する!)
The strain of unhappiness combined with very severe intellectual work, in the years from 1902 till 1910, was very great. (See my letters to Lucy on pp.167ff.) At the time I often wondered whether I should ever come out at the other end of the tunnel in which I seemed to be. I used to stand on the footbridge at Kennington, near Oxford, watching the trains go by, and determining that tomorrow I would place myself under one of them. But when the morrow came I always found myself hoping that perhaps Principia Mathematica would be finished some day. Moreover the difficulties appeared to me in the nature of a challenge, which it would be pusillanimous not to meet and overcome. So I persisted, and in the end the work was finished, but my intellect never quite recovered from the strain. I have been ever since definitely less capable of dealing with difficult abstractions than I was before. This is part, though by no means the whole, of the reason for the change in the nature of my work.
(掲載日:2005.12.21/更新日:2011.5.9)