(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

次ページ 前ページ 第1巻 第4章(婚約期間)累積版 総目次
* 右画像:ラッセル作の恐怖小説(Nightmares of Eminent Persons, 1954)の表紙
* 『著名人の悪夢』のなかの,「形而上学者の悪夢」の対訳



ラッセル関係電子書籍一覧
 その当時生じた恐怖は,潜在意識となって,ずっと私を苦しめ続けた。それ以前はそのようなことはなかったが,当時からずっと −−通常は精神障害者によって,殺されそうになる夢を見るといった−− 暴力的な悪夢にとりつかれるようになった。私は大声で叫び,ある時は,眼がさめる前,私を殺そうとする襲撃に抵抗して身を守りつつあると思いながら,妻を絞め殺す寸前であった。
 同種の恐怖により,私は,長年の間,あらゆる深い感情をさけるようになり,可能な限りほとんど,軽薄さによってゆるめられた知的生活を送った。(しかし)幸福な結婚(生活)は徐々に私を精神的に安定させ,後になって新たな感情の嵐(激情)を経験した時,私は,正気のままでいられる自分を発見した。このことは,精神錯乱の意識的な恐怖を払いのけたが,潜在意識上の恐怖はその後もなくならなかった。
 私たちがなすべきことに関して私が感じた優柔不断は全て,アリスと私が別の医師を見つけて終止符が打たれた。その医師は私に対し,自分は長年にわたって避妊薬を使ってきたが恐れるべき悪い効果はまったくなく,私たちが結婚しないのは愚かなことである,と快活に断言した。そうして,(ラッセルとラッセルの父親の)親子2世代にわたって受けた精神的打撃にもかかわらず,私たちは前進した。事実,私たちは結婚して2年たって,私たちが相談した医学の権威者たちは全くナンセンスなことを言っていたという結論に達し,−−実際あきらかに彼らはナンセンスなことを言っていたのであるが−−私たちは可能であれば子供をもとうと決意した。しかしアリスは不妊症であることがわかり,結局何でもないことに大騒ぎをしていたことがわかった。この騒動も一段落したので,アリスの家族と一緒に暮らすために,フライディズ・ヒルに行き,そこでフェローシップ(特別研究員の資格)取得のための −−非ユークリッド幾何学を主題とした−− 学位論文(松下注:これは1897年に An Essay on the Foundations of Geometry というタイトルで出版された。その後執筆された German Social Democracy の方が1年早く,ラッセル最初の単行書として,1896年に出版された。)に専念することにした。私の家族はほとんど毎日のように「あなたたちが送っている生活は・・・」といった内容の手紙を書いてよこした。しかし私は,もしもそんな手紙を続けさせたら私は狂気に追いやられるだろうこと,また,私の精神はアリスのおかげで健全に保たれていることは,私には明らかなことであった。私たちは,ますます親密の度を深めていった。
の画像
拡大する!(enlarge)
The fears generated at that time have never ceased to trouble me subconsciously. Ever since, but not before, I have been subject to violent njghtmares in which I dream that I am being murdered, usually by a lunatic. I scream out loud, and on one oceasion, before waking; I nearly strangled my wife, thinking that I was defending myself against a murderous assault.
The same kind of fear caused me, for many years, to avoid all deep emotion, and live, as nearly as I could, a life of intellect tempered by flippancy. Happy marriage gradually gave me mental stability, and when, at a later date, I experienced new emotional storms, I found that I was able to remain sane. This banished the conscious fear of insanity, but the unconscious fear has persisted.
Whatever indecision I had felt as to what we ought to do was ended when Alys and I found another doctor, who assured me breezily that he had used contraceptives himself for many years, that no bad effects whatever were to be feared, and that we should be fools not to marry. So we went ahead, in spite of the shocked feelings of two generations. As a matter of fact, after we had been married two years we came to the conclusion that the medical authorities whom we had consulted had been talking nonsense, as indeed they obviously were, and we decided to have children if possible. But Alys proved to be barren, so the fuss had been all about nothing. At the conclusion of this fracas I went to live at Friday's Hill with Alys's people, and there I settled down to work at a Fellowship dissertation, taking non-Euclidean Geometry as my subject. My people wrote almost daily letters to me about 'the life you are leading', but it was clear to me that they would drive me into insanity if I let them, and that I was getthg mental health from Alys. We grew increasingly intimate.
(掲載日:2005.08.16/更新日:2011.3.26)