(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』14-16(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第4章(婚約期間)累積版  総目次
 私が優等試験を終えた頃,アリスは,私と婚約することにはっきりと同意した。ここにいたって,反対の態度を決して変えなかった家族も,何か根本的な対策をとらなければならないと感じ始めた。彼らは私の行動をコントロールする力はなく,また,彼女(アリス)の性格に対する非難も当然何らの効果をもあげないままであった。
 にもかかわらず,彼らは,彼らにほとんど勝利を与えると思われるような武器を発見した。年輩の,我が家のかかりつけの医者は, --彼は真面目なスコットランド人で,羊肉片のように上を細く下を広く刈りそろえた顎髭(あごひげ)をはやしていたが-- 私が以前からうすうす疑いをもっていた,わが家族の歴史(病歴)の全てについて語り始めた。(すなわち)どのようにしてウィリアム叔父さんは発狂したか,どのようにしてアガサ叔母さんの婚約が彼女の狂気じみた妄想のために破談にならなければならなかったか,またどのようにして私の父が'てんかん'をわずらったか(その後医学の権威者たちが私に語ったところから判断すると,この診断がはたして正しかったかどうか疑問に思う)等々。その当時,自分自身を科学的だと考えていた人たちは,'遺伝'に対していくらか迷信的な態度をとる傾向があった。また,いかに多くの精神障害が,悪い環境や賢明でない道徳教育の結果生ずるかということは,もちろん,当時は,知られていなかった。私は,あたかも暗い運命に宿命づげられているかのように感じ始めた。(そうして)私は,イプセン(Henrik Ibsen, 1828-1906)の「幽霊」とビヨルンソン(Bjornstjerne Bjornson, 1832-1910: ノルウェイの詩人, 1903年にノーベル文学賞受賞)の「クルト家の遺産」を読んだ。アリスには(→アリスの家の方にも)かなり変わり者の叔父がいた。家族は,私がいまにも発狂しそうになる位これらの事実を強調し,私たちが結婚した場合,生まれてくる子供たちは狂人になりそうかどうかについて最上の医学専門家の意見を聴くべきであると,我々を説得した。その最上の医学専門家の意見は, --その専門家は,わが家のかかりつけの医者から入れ知恵されており,また医者はわが家の連中から入れ知恵されていたが-- 当然のごとく,私たちは遺伝上の理由から子供をもつべきでないと宣告した。アリスと私は,リッチモンドのかかりつけ医者の家でこの'裁断'をうけてから,この問題について議論しながらリッチモンド・グリーン(松下注:右下の写真にあるように何もない緑地らしい)を上がったり下がったりした。(当時)私は医者たち(松下注:複数形になっているのは,かかりつけの医者及び専門医をさしていると思われる)の言うことを信じており,また子供は欲しいという気持ちが強かったので,私は,婚約は解消した方がよいという考えかたに傾いた。(しかし)アリスは,子供はそれほど欲しくはない,子供(を含めた家族)はもたなくても結婚したいと言った。30分ほど議論した後,私は,結局彼女の意見に同意した。
 それゆえ私たちは,結婚するが子供はもたないつもりだと告げた。産児制限は,その当時,一種の恐怖感 --そのような恐怖感は,今日ではローマン・カトリックだけがあおりたてているだけであるが-- をもってみられていた。家族やかかりつけの医者の,怒りは頂点に達した。かかりつけの医者は,厳然として,彼の医学上の経験から,避妊薬を用いるとほとんどの場合,健康をひどく害するということがわかっていると,確約した。家族は,私の父が'てんかん'になったのは避妊薬の使用のせいであると,ほのめかした。ため息,涙,うめき声,病的な恐怖といった重苦しい雰囲気につつまれ,そのなかで,ほとんど息つくことができないほどであった。父が'てんかん'であったこと,叔母が妄想にとらわれたこと,叔父が発狂したことを発見し,恐怖にかられた。なぜなら当時は誰もが迷信にとらわれ,精神病は遺伝するものと見なしていたからである。私も,確かな知識はもっていなかったが,多分そういうものだろうという感覚をもっていた。1894年7月21日(夜)(あとでこの日がアリスの誕生日であるということがわかった)(松下注:Unwin Paperbadks 版の原書は,1893年と誤植あり)母は死んでいるのではなくて発狂しているのを発見し,それゆえ,結婚しないことが私の義務であると感じた夢を見た。様々の事実が私に語られてからは,次に引用する回想にもあらわれている通り,恐怖を払いのけることはとても難しかった。これについては,よほど後になるまで,誰にも--アリスにさえ--知らせなかった。
の画像
拡大する!(enlarge)
About the time that I finished with Triposes, Alys consented to become definitely engaged to me. At this, my people, who had never ceased from opposition, began to feel that something drastic must be done. They had no power to control my actions, and their strictures on her character had naturally remained without effect.
Nevertheless, they found a weapon which very nearly gave them the victory. The old family doctor, a serious Scotsman with mutton-chop whiskers, began to tell me all the things that I had dimly suspected about my family history: how my Uncle William was mad, how my Aunt Agatha's engagement had had to be broken off because of her insane delusions, and how my father had suffered from epilepsy (from what medical authorities have told me since, I doubt whether this was a correct diagnosis). In those days, people who considered themselves scientific tended to have a somewhat superstitious attitude towards heredity, and of course it was not known how many mental disorders are the result of bad environment and unwise moral instruction. I began to feel as if I was doomed to a dark destiny. I read Ibsen's Ghosts and Bjorson's Heritage of the Kurts. Alys had an uncle who was rather queer. By emphasising these facts until they rendered me nearly insane, my people persuaded us to take the best medical opinion as to whether, if we were married, our children were likely to be mad. The best medical opinion, primed by the family doctor, who was primed by the family, duly pronounced that from the point of view of heredity we ought not to have children. After receiving this verdict in the house of the family doctor at Richmond, Alys and I walked up and down Richmond Green discussing it. I was for breaking off the engagement, as I believed what the doctors said and greatly desired children. Alys said she had no great wish for children, and would prefer to marry, while avoiding a family. Afiter about half an hour's discussion, I came round to her point of view.
We therefore announced that we intended to marry, but to have no children. Birth control was viewed in those days with the sort of horror which it now inspires only in Roman Catholics. My people and the family doctor tore their hair. The family doctor solemnly assured me that, as a result of his medical experience, he knew the use of contraceptives to be almost invariably gravely injurious to health. My people hinted that it was the use of contraceptives which had made my father epileptic. A thick atmosphere of sighs, tears, groans, and morbid horror was produced, in which it was scarcely possible to breathe. The discovery that my father had been epileptic, my aunt subject to delusions, and my uncle insane, caused me terror, for in those days everybody viewed the inheritance of mental disorders superstitiously. I had sensed something of the kind, though without definite knowledge. On July 21, 1893 1894(which I subsequently learnt to be Alys's birthday), I dreamed that I discovered my mother to be mad, not dead, and that, on this ground, I felt it my duty not to marry. After the facts had been told to me, I had great difficulty in shaking off fear, as appears from the following reflections, which I showed to nobody, not even Alys, until a much later date.
(掲載日:2005.08.09/更新日:2011.3.21)