(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

前ページ 次ページ 第1巻 第4章(婚約期間)累積版 総目次


ラッセル関係電子書籍一覧
 この頃私は,鍵付きの日記帳(a locked diary)をつけており,誰にも見つからないように,非常に注意深く隠していた(松下注:'a locked diary: 1890-1894' は,The Collected Papers of B. Russell, v.1: Cambridge Essays の pp.41-67 に収録されている。)。私は,この日記に,アリスについて祖母と語り合った内容や,祖母やアリスに対して抱いた私の感情を,記録した(←単に'書いた'というよりも,この当時の気持ちや考え方を,後に正確に思い出すために,'記録した'といったニュアンスか。)。その後間もなくして,(明らかに秘密にしておく目的で)一部'速記'で書いてある父の日記帳が私の手に入った。父の日記を読んで,父は,私がアリスにプロポーズしたのとちょうど同じ年齢の時に,母にプロポーズしたこと,祖母が私に言ったのとほぼ同じことを父に言ったことを,それから私が日記に記録したのと全く同じ感想や意見を父が日記に記録していたこと,を発見した。このことは,私は自分自身の人生を生きているのではなくて,父の人生をもう一度くり返して生きているのだという不思議な感情を私に与え,遺伝に対する迷信的な信念を生じさせがちであった*

*著者注:1894年9月2日付のアリスヘの手紙に私はこう書いた。私のジョージイ叔母さん(祖母の継子である Lady Georgiana Peel:祖父 Lord John Russellの娘/1836生/右上写真出典:R. Clark's B. Russell and His World, 1981)は昨日は非常に親切であったが,(実際,ほとんどの婦人がそうであるように)あまりにも詮索(せんさく)好きであった。彼女が言うには,祖母は昔でさえもほんのちょっと結婚のことを考えただけで熱にうかされたような状態になり,気むずかしくなり,思い悩むのが常であったと。)

 私はアリスを深く愛していたが,彼女と肉体関係を持ちたいという欲望を意識的に感じることは,まったくなかった。実際,ある夜,少し粗野な(←軽いとはいえない)形の性的な夢を見た時,私のアリスに対する愛は冒涜されたと感じた。けれども徐々に,肉体的欲求が高まり,この問題は自然に解決した
の画像
拡大する!(enlarge)
At this time I kept a locked diary, which I very carefully concealed from everyone. In this diary I recorded my conversations with my grandmother about Alys and my feelings in regard to them. Not long afterwards a diary of my father's, written partly in shorthand (obviously for purposes of concealment), came into my hands. I found that he had proposed to my mother at just the same age at which I had proposed to Alys, that my grandmother had said almost exactly the same things to him as she had to me, and that he had recorded exactly the same reflections in his diary as I had recorded in mine. This gave me an uncanny feeling that I was not living my own life but my father's over again, and tended to produce a superstitious belief in heredity.*
Although I was deeply in love, I felt no conscious desire for any physical relations. Indeed, I felt that my love had been desecrated when one night I had a sexual dream, in which it took a less ethereal form. Gradually, however, nature took charge of this matter.
*In a letter to Alys, September 2. 1894, I wrote: 'My Aunt Georgy [the Lady Georgiana Peel, my grandmother's step-daughterl yesterday was very kind, but too inquisitive (as indeed most women are); she said even in old times at the slightest thought of a marriage my grandmother used to get into a sort of fever and be fussy and worried about it.'