(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

『ラッセル自伝』'松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

次ページ 前ページ 第1巻 第2章(青年期)累積版  総目次
* 高校の時に,スペインの哲学者オルテガの「新恋愛論」(堀秀彦訳,角川文庫版)を興味深く読んだ。スタンダールの恋愛における結晶作用(「ザルツブルクの小枝」)に対するオルテガ批判は有名。


ラッセル関係電子書籍一覧
 この頃までに私は,思春期以前にもっていた性についての合理主義者の見解を全く見失っており,伝統的な見解を全く十分なものとして全面的に受けいれていた。私は病的になり,自分自身を非常に邪悪であると見なした。同時に,自分自身の心理に非常な興味をおぼえ,それを注意深く,しかも知性的に(←知性に欠けることなく)研究した。しかし私は,(家族から)'内省'は全て病的であると言われていたので,自分自身の思想や感情に対するこのような関心を,精神異常のもう1つの証拠とし見なした。けれども,'内省'を2,3年行った後,突然,'内省'は非常に多くの重要な知識を獲得する唯一の方法であるので,'病的'だとして非難されるべきものではないということを悟った。これによって,この瞬間,私の感情は楽になった。
 このような肉体的な性への没頭と時を同じくして,理想主義的な感情も非常に強くなったが,それは性的なものに由来するものであるとは,当時の私は理解しなかった。私は,日没や雲や春と秋の木々の美しさに強い関心を持つようになったが,それは無意識的な性の昇華であり,また現実からの逃避の試みであるということに原因があるものであり,それゆえ私の関心は,非常に感傷的なものであった。

* From Free animation library :
https://www.animationlibrary.com/a-l/

I had by this time quite lost the rationalist outlook on sex which I had had before puberty, and accepted entirely the conventional views as quite sound. I became morbid, and regarded myself as very wicked. At the same time, I took a considerable interest in my own psychology, which I studied carefully and not unintelligently, but I was told that all introspection is morbid, so that I regarded this interest in my own thoughts and feelings as another proof of mental aberration. After two or three years of introspection, however, I suddenly realised that, as it is the only method of obtaining a great deal of important knowledge, it ought not to be condemned as morbid. This relieved my feelings on this point.
Concurrently with this physical preoccupation with sex, went a great intensity of idealistic feeling, which I did not at that time recognize as sexual in origin. I became intensely interested in the beauty of sunsets and clouds, and trees in spring and autumn, but my interest was of a very sentimental kind, owing to the fact that it was an unconscious sublimation of sex, and an attempt to escape from reality.