(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』n.31(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第1章(幼少時代)累積版  総目次

 私がとても楽しんだ別の遊びがあった。日曜日,リッチモンド・パークが多くの人でいっぱいになった時,自宅(Pembroke Lodge)の土地の端に立っている大きなブナの木(右水彩画参照)のてっぺんによく登った。木のてっぺんで逆さになってぶらさがり,叫び声をあげ,群衆がどのようにすればうまく救出できるか真剣に議論している様子を眺めた。そうして,話が決まりそうになったのを見とどけると,体を上に向けなおして,静かに下りた。
 ジミイ・ベイリー(松下注:幼稚園時代の友達)がペンブローク・ロッジにやってきて,私と一緒に過ごした時,さらにもっとひどい方向へ向かっていった。祖父がよく(生前,散歩の時,従者に引かれて)乗っていたと記憶している日光浴用の車椅子は,物置にしまってあった。私たちはその車椅子を物置から見つけ出して来て,丘らしきところを見つけるとどこででも,その車椅子で駆け下りた。この行為が見つかった時,それは(偉大な祖父に対する)冒涜行為であるとして,ひどく沈痛かつ厳粛なおももちで叱られた。
 しかしながら,私たちの行動でいくつかは,まったく大人たちの耳に入らなかった。私たちは一本のロープを木の枝に縛り付けた。長期間の練習の結果,ロープにぶら下がって身体を振りまわして完全な円を描き再びもとの位置に戻ってくるという遊びを習得した。回転が途中で止まり,ブナ(の木)のざらざらの樹皮に背中をぶつけないようにすることは,素晴らしい技術があればこそできることであった。他の男の子たちが遊びにやって来た時,私たちは,自分たちは正しいやりかたでうまくやり,他の子供たちが私たちのまねをしようとして失敗し,痛い目にあうのを見て大喜びした。
 しばらくの間,毎年3ヶ月ずつ一緒に暮らすのを習慣としていた'ロロおじさん'は,3頭の牛と1頭の驢馬(ロバ)を所有していた。驢馬は牛よりもずっと利口で,牧草地と牧草地の間の出入口の扉を鼻で開けることを覚えていた。それでも驢馬は御しにくく,役に立たない動物であると言われていた。私はそれを信じなかった。そうして幾たびか失敗した後,鞍や手綱無しで乗りこなすことを覚えた。驢馬はけったり,はね上がったりしたが,決して私を振り落としはしなかった。ただし私が驢馬のしっぽに,ガラガラ鳴る石をいっぱいつめた罐を結びつけた時は別だった。私はいつも田舎でそこいらじゅうを乗りまわしていた。ロロおじさんの家から約3マイルも離れたところに住んでいたウールズレイ卿のお嬢さんを訪ねていったときでさえこの驢馬に乗っていった。


I had another amusement which I much enjoyed. On a Sunday, when the Park was crowded, I would climb to the very top of a large beech tree on the edge of our grounds. There I would hang upside down and scream and watch the crowd gravely discussing how a rescue should be effected. When I saw them nearing a decision I would get the right way up and quietly come down.
During the time when Jimmie Baillie stayed with me I was led into even more desperate courses. The bath chair in which I remembered my grandfather being wheeled about had been lodged in a lumber room. We found it there and raced it down whatever hills we could find. When this was discovered it was considered blasphemy and we were reproached with melancholy gravity.
Some of our doings, however, never came to the ears of the grown-ups. We tied a rope to a branch of a tree and learnt by long practice to swing in a complete circle and return to our starting point. It was only by great skill that one could avoid stopping half-way and bumping one's back painfully into the rough bark of the tree. When other boys came to visit us, we used to carry out the correct performance ourselves and when the others attempted to imitate us we maliciously exulted in their painful failure. My Uncle Rollo, with whom for a while we used to spend three months each year, had three cows and a donkey. The donkey was more intelligent than the cows and learnt to open the gates between the fields with his nose, but he was said to be unruly and useless. I did not believe this and, after some unsuccessful attempts, I learnt to ride him without saddle or bridle. He would kick and buck but he never got me off except when I had tied a can full of rattling stones to his tail. I used to ride him all round the country, even when I went to visit the daughter of Lord Wolseley, who lived about three miles from my uncle's house.