(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

次ページ 前ページ 第1巻 第1章(幼少時代)累積版 総目次


ラッセル関係電子書籍一覧
 祖母は私が勉強しすぎないかいつも心配しており,私の学習時間をかなり短かくなるように保った。その結果私はいつも,寒い夜,寝室で,ローソクをつけ,(シャツ風の)寝巻を着て机の前に坐り,どんなかすかな物音がしても,ローソクを吹き消しベッドに飛び込む用意をして,こっそりと勉強した。
 私はラテン語とギリシア語が嫌いであり,誰も話さない言葉を学ぶのはまったく愚かなことであると考えていた。数学が一番好きであり,数学の次に歴史が好きだった。
 自分と比較してみるような子供がいなかったので,長い間私は,自分が他の少年たちより優れているのか劣っているのかわからなかった。しかし,ある時ロロおじさんが玄関前でオックスフォード大学)ベリオール・カレッジBalliol College, Univ. of Oxrord: 1263年創設)の学寮長ジョウェット氏(松下注: Benjamin Jowett, 1817-1893, オックスフォード大学ベリオル・カレッジ学長(=1870年〜)をつとめたギリシア語学者,プラトンなどの訳者としても知られる/右写真)に玄関で別れの挨拶を言い,「そうです−−あの子は実によくやっています。」と話しているのを聞いた覚えがあり,そうして,話の中身については思い出せないが,ロロおじさんが私の勉強のことを話しているのがわかった。自分は知能がすぐれているということをさとるやいなや,もし出来ることならば知的に重要なことを何か達成しようと決心し,青年時代を通じてずっと,いかなるものでもこの野心を邪魔することを許さなかった。
 私の幼少時代がことごとく謹厳かつ真面目であったと言えば,それは全く誤解を与えることになるだろう。私は同様に自分の人生から楽しみを得た。そのうちのいくつかは'悪ふざけ'といった種類のものであったように思われる。(上を細く下を広く刈りそろえた)ほおひげをもった老スコットランド人の(ラッセル家かかりつけの)'家庭医'がよくブルーム型馬車(訳注:御者席が車体の外側にある1頭だて四輪馬車)に乗って来た。それは,医者が治療について意見を述べている間,玄関で待機していた。彼の御者は,自分の技量が卓越していることを宣伝することを計算に入れた(適した)優美なシルクハットをかぶっていた。私はよくこの素晴らしい被り物(帽子)よりも高いところの馬車の屋根に上り,馬車の屋根の雨どいのところからこの帽子の平らなてっぺんに,腐ったバラの蕾を落とした。それは香りよいスカッシュ状態で帽子全体に広がった。そうして私は,御者がそれが天から落ちてきたと想像するようにと,頭をすばやくひっこめた。時折,もっと悪いことをした。彼が馬車を操っている時,彼めがげて雪玉を投げつけ,彼と彼の雇主の貴い生命を危険にさらした。
My grandmother was always afraid that I should overwork, and kept my hours of lessons very short. The result was that I used to work in my bedroom on the sly with one candle, sitting at my desk in a night-shirt on cold evenings, ready to blow out the candle and pop into bed at the slightest sound.
I hated Latin and Greek, and thought it merely foolish to learn a language that nobody speaks. I liked mathematics best, and next to mathematics I liked history.
Having no one with whom to compare myself, I did not know for a long time whether I was better or worse than other boys, but I remember once hearing my Uncle Rollo saying goodbye to Jowett, the Master of Balliol, at the front door, and remarking: 'Yes, he's getting on very well indeed', and I knew, though how I cannot tell, that he was speaking of my work. As soon as I realised that I was intelligent, I determined to achieve something of intellectual importance if it should be at all possible, and throughout my youth I let nothing whatever stand in the way of this ambition.
It would be completely misleading to suggest that my childhood was all solemnity and seriousness. I got just as much fun out of life as I could, some of it I am afraid of a somewhat mischievous kind. The family doctor, an old Scotchman with mutton-chop whiskers, used to come in his brougham which waited at the front door while the man of healing spoke his piece. His coachman had an exquisite top-hat, calculated to advertise the excellence of the practice. I used to get on the roof above this splendid head-piece and drop rotten rosebuds out of the gutter on to its flat top. They spread all over with a delicious squish and I withdrew my head quickly enough for the coachman to suppose that they had fallen from heaven. Sometimes I did even worse. I threw snowballs at him when he was driving, thereby endangering the valuable lives of him and his employer.