(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

『ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

次ページ 前ページ 第1巻 第1章(幼少時代)累積版へ 総目次

 ペンブローク・ロッジ(の屋敷)には,祖母のほかにロロおじさんアガサおばさんが一緒に暮らしていた。二人とも未婚だった。ロロおじさんは,私の初期の成長において,かなり(←少なからず)重要な存在であった。というのは,彼は,彼が相当な知識を持っている科学的な問題(事柄)について私によく語ってくれたからである。彼はその生涯を通じて'病的な内気さ'にひどく苦しみ,他人との接触を伴う事柄は何も為しとげることができないほどであった。しかし私に対しては,少なくとも私が子供の頃は,彼は内気なところはなく,大人が彼に対し気付かなかったであろう滑稽なユーモア味をよく披露してくれた。彼ら大人は誰も彼がそのようなユーモアの気分をもっているだろうなどとは少しも考えなかったろうと思う。私はかつて,どうして教会の窓ガラスに色彩をほどこしているのかと彼に質問したことを記憶している。彼は非常に厳粛な面持ちでこう話してくれた。即ち,以前はこんなふうではなかった。しかしある時,牧師がちょうど説教壇に上がった直後に,一人の男が(塗料の)水漆喰の入ったバケツを頭にのせて歩いていて,バケツの底が抜けてその男は水漆喰を全身にかぶってしまった。これにより,気の毒な牧師は制御し難い笑いの発作をひき起こし,彼は説教を進めることができなかった。それ以後ずっと,教会の窓ガラスに色彩をほどこすことになったとのことであった。> (注:ステンドグラスに変えれば,もう漆喰を塗る必要がなくなり,水漆喰をかぶるという事態も生じない,ということを言いたいのだと思われます。)

 彼は以前外務省に勤めていたことがあった。しかし彼は眼に障害を持っており,私が最初にロロおじさんを知った時には,彼は読むことも,書くこともできなかった。後に彼の眼は良くなったが,彼は二度といかなるルーティン・ワーク(変化のないきまりきった仕事)もけっしてしようとしなかった。彼は気象学者であり,1883年のクラカタウ山の噴火の影響について貴重な調査を行った。その噴火は英国において,異常な日没現象と,月を青色に染める現象さえも起こしたのである。彼はよく私に,クラカトア噴火がその日没現象をひき起こした証拠について話してくれた。私は最深の集中力をもってその話に聞き入った。彼の話は,私の科学的興味を刺激する上で大きな役割をはたした。

(写真出典:R. Clark's B. Russell and His World, 1981.)

Kindle series
Besides my grandmother there were in the house my Uncle Rollo and my Aunt Agatha, both unmarried. My Uncle Rollo had some importance in my early development, as he frequently talked to me about scientific matters, of which he had considerable knowledge. He suffered all his life from a morbid shyness so intense as to prevent him from achieving anything that involved contact with other human beings. But with me, so long as I was a child, he was not shy, and he used to display a vein of droll humour of which adults would not have suspected him. I remember asking him once why they had coloured glass in church windows. He informed me very gravely that in former times this had not been so, but that once, just after the clergyman had gone up into the pulpit, he saw a man walking along with a pail of whitewash on his head and the bottom of the pail fell out and the man was covered with whitewash. This caused in the poor clergyman such an uncontrollable fit of laughter that he was unable to proceed with the sermon, and ever since this they had had coloured glass in church windows.

He had been in the Foreign Office, but he had trouble with his eyes, and when I first knew him he was unable to read or write. His eyes improved later, but he never again attempted any kind of routine work. He was a meteorologist, and did valuable investigations of the effects of the Krakatoa eruption of 1883, which produced in England strange sunsets and even a blue moon. He used to talk to me about the evidence that Krakatoa had caused the sunsets, and I listened to him with profound attention. His conversation did a great deal to stimulate my scientific interests.