(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『バートランド・ラッセル自伝』(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第1章(幼少時代)累積版  総目次
 私の祖父母が住んでいたペンブローク・ロッジ(下写真出典:理想社刊『ラッセル 自叙伝』より。Pembroke Lodge(1980年夏)の写真)は,リッチモンド・パーク(松下注:日比谷公園の数倍の広さがある)内にあったが,2階しかない,不均斉に建てられた広い屋敷であった。その家は,国王(松下注:ヴィクトリア女王)から贈られたものであり,その家の名前は,ジョージ3世(参考:『英国万歳!』 The Madness of King George)が無分別であった頃熱愛していたレディ・ペンブローク(松下注:マールボロ公の娘)の名に由来している。それをヴィクトリア女王が,1840年代に,終生ここで暮らすようにと,私の祖父母に賜わったものであった。祖父母はそれ以来ずっとここに住んでいた。キングレークAlexander William Kinglake, 1809--1891:英国の旅行作家,歴史家)の『クリミア侵略』(Kinglake's Invasion of the Crimea)に書かれているあの有名な閣議は -数名の閣僚たちが,いわゆるクリミア戦争が決定されるまでの間,泊り込んだそうであるが- このペンブローク・ロッジで開かれた。晩年,キングレークはリッチモンドに住んだ。私は彼のことをよく覚えている。私はかつて,サー・スペンサー・ウォルポール(Sir Spencer Walpole, 1830-1907:歴史家)に,なぜキングレークはナポレオン三世に対してあんなにつらく当たったのか質問した。スペンサーの答えは,彼らはある婦人のことで喧嘩したとのことであった。当然,「その話を聞かせてくれませんか」と私は頼んだ。彼の答えは,「いいえ,その物語はお話しないことにします」というのであった。その後まもなく彼は亡くなった。
 ペンブローク・ロッジには,11エーカー(松下注:1エーカーは,約 4,000平方メートル)の庭があったが,その大部分は荒れるがままに放置されていた。この庭は,18歳の年齢に達するまで,私の人生において非常に大きな役割をはたした庭から西方に向けて,エプソン丘陵(私は当時それを ups and downs という名だと思いこんでいた。)からウィンザー城にいたる広大な眺望があり,その間にはハインドヘッドの丘とリースの丘(Leith Hill, 965 ft (294 m) :highest point of the North Downs. 晴れた日には,丘の頂上に立っている塔から,ロンドン市内や英国海峡が見えるとのこと)があった。(右下写真= Pembroke Lodge の庭から西を望む,1980年8月松下撮影)私は広大な地平線や視界を遮るものがない日没の光景を見慣れて成長した。そのため,それ以来ずっと,その両方なしではけっして幸福に暮らすことはできなかった。庭には,たくさんの素晴らしい樹木が,即ち,樫の木,ブナの木,栃の木,粟の木,それからインドの諸侯から贈られた菩提樹,非常に美しい1本の杉の木(種類わからず?),日本杉,ヒマラヤ杉などがあった。また,庭には,いくつかのサマー・ハウス(簡素な夏用の別荘/写真:ペンブローク・ロッジ内のサマー・ハウスの1つ,甘い香りの野バラの生垣,月桂樹の茂み,それにあらゆる種類の隠れ場所があり,まったく見つかる心配なく,大人たちからうまく隠れることができた。箱型の生垣で囲った幾つかのフラワー・ガーデンもあった。私がペンブローク・ロッジで暮らしていた年月のうちに,ペンブローク・ロッジの庭もしだいにかえりみられないようになった。大きな木々は倒れ,灌木(低木)は通路に蔽いかぶさるようになり,芝生の草は長く生い茂り,そして箱型の垣根はほとんど木と同じくらいに成長した。
の画像
拡大する!(enlarge)
Pembroke Lodge, where my grandfather and grandmother lived, is a rambling house of only two storeys in Richmond Park. It was in the gift of the Sovereign, and derives its name from the Lady Pembroke to whom George III was devoted in the days of his lunacy. The Queen had given it to my grandparents for their life-time in the forties, and they had lived there ever since. The famous Cabinet meeting described in Kinglake's Invasion of the Crimea, at which several Cabinet Ministers slept while the Crimean War was decided upon, took place at Pembroke Lodge. Kinglake, in later years, lived at Richmond, and I remember him well. I once asked Sir Spencer Walpole why Kinglake was so bitter against Napoleon III. Sir Spencer replied that they quarrelled about a woman. 'Will you tell me the story?' I naturally asked. 'No, sir,' he replied, 'I shall not tell you the story.' And shortly afterwards he died.
Pembroke Lodge had eleven acres of garden, mostly allowed to run wild. This garden played a very large part in my life up to the age of eighteen. To the west there was an enormous view extending from the Epsom Downs (which I believed to be the 'Ups and Downs') to Windsor Castle, with Hindhead and Leith Hill between. I grew accustomed to wide horizons and to an unimpeded view of the sunset. And I have never since been able to live happily without both. There were many fine trees, oaks, beeches, horse- and Spanish chestnuts, and lime trees, a very beautiful cedar tree, cryptomerias and deodaras presented by Indian princes. There were summer-houses, sweet briar hedges, thickets of laurel, and all kinds of secret places in which it was possible to hide from grown-up people so successfully that there was not the slightest fear of discovery. There were several flower-gardens with box-hedges. Throughout the years during which I lived at Pembroke Lodge, the garden was growing gradually more and more neglected. Big trees fell, shrubs grew over the paths, the grass on the lawns became long and rank, and the box-hedges grew almost into trees.

の画像
拡大する!(enlarge)