(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『自伝』(松下彰良・対訳)

The Autobiography of Bertrand Russell, v.1

次ページ 前ページ 第1巻 第1章(幼少時代)累積版 >総目次

*右欄上の写真(小型馬車にのるラッセル及びラッセルの母)出典:R. Clark's Bertrand Russell and His World, c1981.



 (Kate)についての記憶は −母がその場に居合わせていたに違いないときに小馬の曳く小型馬車から(私が)落ちたことを除いて− 私はまったく持っていない。この記憶に誤りはない。なぜならば,長年の間念頭にあり,かなり経ってからそれが事実であることを確かめたからである。
 (Amberley)については,二つの事だけ覚えている。即ち,一つは父が一枚の赤色の刷り物を私にくれ,その色が私を喜ばしてくれたことである。もう一つは,入浴中の父を一度見たことである。両親は,ラヴェンスクロフト(Ravenscroft)の庭に埋葬された。しかし後に掘りかえされ,チェニーズにある'家族納骨所'に移された。父は,死去する2,3日前,自分の母宛に,次のような手紙を書き送った。

「水曜夜,ラヴェンスクロフトにて

 お母さん,
 僕ができるだけ早くラドクリフ(?)に会うつもりだということを知ったら,喜んでくださるでしょう。その理由を聞けばがっかりするでしょうが。それはなにかというと,僕はひどい気管支炎にかかっており,しばらくの間ベッドで寝ていなければいけなくなりそうだということです。お母さんからの鉛筆書きの手紙,今日届きました。お母さんもまたひどく疲れておられることを知り,残念に思いました。僕は疲れきっていますが,手紙を書いたほうがいいです。眠れないからです。言うまでもなく,今度の病気の発作は危険ではなく,僕は何の危険も予想していません。しかし,僕は,病気が進行しうる迅速さに関して,非常に苦い経験をしてきたので,絶対安全だと信じることはできませんし,また,まったく平穏無事(安心)ではない時に平穏無事(安心)だと叫ぶこともできません。僕の両方の肺が炎症を起こしていますので,しだいに悪くなっている可能性があります(注:ラッセルも1921年の初頭に北京で両側肺炎にかかっており、何か関係あるだろうか?)。でも,電報をうったり,性急な行動をとらないようにお願いします。ここには,オードランドの代わりに良い若い医師がいて,彼はちょうどここで開業しようとしている自分自身のためにも,全力をあげて僕のために尽くしてくれます。くりかえして言いますが,僕は回復することを期待していますが,もし悪化した場合には,『自分の寝台のひだを優美にあしらった掛け布で体を包んで,やすらかに横臥して楽しい夢路につく人』のように,静かにそして平然と,死んでゆくことを期待している,と言いたいと思います。
 僕自身は,何の心配もありませんし,ひるむような気持ちさえありません。しかし,僕が遺してゆこうとしている2,3の人たちに対して,特にお母さんに対して,大きな心痛を感じます。苦しみと衰弱のなかでこの手紙を書いていて,僕はお母さんに,お母さんの僕への,−お母さんの愛を受ける価値のある人間ではない時でさえも− 変わらぬそして不動の愛と寛容に対し,深い感謝の念を,このようにまったく不十分な表現で捧げることしかできません。僕が時々無情な人間のように見えることを強いられたことは,とても残念です。僕は,ただ愛情だけを示したいと願っていました。僕は,やりたいと思っていたことをほとんどしていません。しかし,私がやったそのほんの少しのことも悪い種類のものではなかったことを,また,私の人生の一つの大きな仕事が達成されたという感覚とともに死にたいと望みます。僕の二人の愛児について,可能であれば,お母さんが面倒みてくださることを,また子供たちがお母さんを,自分たちの実の母のように思ってくれればよいがと望みます。僕の埋葬は,お母さんもご存知のように,僕の愛するこの森の中の,僕のために前から用意してあったこの美しい場所になされるでしょう。やがてはお母さんもこの同じ場所に埋葬されることはほとんど望むことはできません。しかし,僕はそういうふうに考えることも可能であればと願います。
 僕がこのような手紙を書いてお母さんに苦痛を与えることは,おそらく自己中心的すぎます。(でも)今書かずに他日では,衰弱し過ぎて手紙を書くことができないかも知れない,と恐れています。もし可能であれば,毎日手紙を書きます。僕は,自分の全生涯を通じて,お父さん(注:英国の総理大臣を2度務めたジョン・ラッセル卿のこと)からは親切と優しさのみを受けており,そのことを深く感謝しています。僕は,お父さんが,その長いそして高貴な人生の晩年において,一人の息子を失う苦痛を感じないですみますようにと切望します。
 僕ができることは,最愛の情を,アガサとロロと,かなうことならかわいそうなウィリーに送ることだけです。

 あなたの愛し子
 A(アムバーレイ)より
の画像
拡大する!(enlarge)

Of my mother I remember nothing whatever, though I remember falling out of a pony carriage on an occasion when she must have been present. I know that this recollection is genuine, because I verified it at a much later time, after having kept it to myself for a number of years. Of my father I remember only two things: I remember his giving me a page of red print, the colour of which delighted me, and I remember once seeing him in his bath. My parents had themselves buried in the garden at Ravenscroft, but were dug up and transferred to the family vault at Chenies. A few days before his death my father wrote the following letter to his mother.
Ravenscroft,
Wednesday at night

My dear Mama:
You will be glad to hear that I mean to see Radcliffe as soon as I am able - sorry to hear the cause. This is that I have a nasty attack of bronchitis which is likely to keep me in bed some time. Your pencil letter came today, and I was sorry to see that you too were knocked up. Exhausted as I am I may as well write, since I cannot sleep. It would be needless to say that this attack is not dangerous and I do not anticipate danger. But I have had too bitter experience of the rapidity with which illnesses may go to believe in absolute safety, or cry Peace when there is no peace. Both my lungs are inflamed and may grow worse. I beseech you not to telegraph or take any hasty action. We have a nice young Doctor in place of Audland, and for his own sake as just beginning to practise here, he will do all he can for me. I repeat that I expect to recover, but in case of a bad turn I wish to say that I look forward to dying as calmly and unmovedly as 'One who wraps the drapery of his couch/ About him and lies down to pleasant dreams.'
For myself, no anxiety nor even shrinking; but I do feel much pain for a few others whom I should leave, especially you. Writing in pain and weakness I can offer you only this most inadequate expression of my deep sense of your constant and immoveable love and goodness to me, even when I may appear not to have deserved it. It is a great matter of regret to me that I was sometimes compelled to appear harsh; I did not wish to show anything but affection. I have done very little of all I should like to have done, but I hope that little has not been of a bad kind, I should die with the sense that one great work of my life was accomplished. For my two darling boys I hope you would see them much, if possible, and that they might look on you as a mother. The burial you know would be here in my beloved wood and at the beautiful spot already prepared for me. I can hardly hope you would be there, but I wish it were possible to think of it.
Perhaps it is very selfish of me to give the pain of this letter; only I fear another day I might be too weak to write. If I can I shall let you know daily. I also have met with nothing but kindness and gentleness from my dear Papa all my life, for which I am deeply grateful. I do earnestly hope that at the end of his long and noble life he may be spared the pain of losing a son. I can only send my best love to Agatha and Rollo and poor Willy if possible.

Your loving son,
A.