9 ラッセル教育論/第13章 保育園(OE13-050)- Bertrand Russell のページ
(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 13(第13章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第13章 保育園(OE13-050)


 私は,この主張は誇張されている,とは思わない。保育園が一般的になれば,現在諸階級を分断している教育上の深刻な相違(差)を一世代のうちに取り払い,現在では最も好運な人びとのみに限られている心身の発達を,全ての人々が享受することを可能にし,また(さらに),今日進歩を困難にしている病気や愚かさや悪意といった恐ろしい重荷を取り除くことができるだろう。1918年の教育法のもと,保育園は国費(の助成)のよって促進される予定になっていた。しかし,ゲデス削減案(注:1922年に英国の前運輸省長官で実業家エリック・ゲデス Eric Geddesを長とする委員会が提出した大幅な歳出削減案)が通過したとき,日本との戦争を容易にするために,巡洋艦を建造し,シンガポールのドックを造るほうが重要であると決定されてしまった。目下,政府は,デンマーク産の純正バターを食べるよりも,大英帝国の自治領産のベーコンやバターに含まれる防腐剤で国民が自らに毒を盛るように仕向ける目的で,年間65万ポンドを費やしている。この目的を確かなものにするために,わが国(英国)の子供たちは,病気と不幸に苦しみ,知性をめざめさせないように運命づけられているが,(仮に),年間同額の予算が保育園のために使われたならば,多くの人びとが(こういった不幸さから)救われるだろう。母親たち,今は投票権を持っている。(注:本書の出版は1926年だが,英国においては女性の制限選挙権が1918年に,男女平等の普通選挙権が1928年に認められた。)彼女たちは,いつの日か,わが子の幸せのためにそれを行使するようになるのだろうか? こういう広範囲の考察はさておき,次のことを認識する必要がある。即ち,幼い子供たちの世話を適切に見ることは,高度の熟練を要する仕事であるが,親たちにそれを満足に行なうことは望めないということ,また,それは後年の学校教育とはまるで異なる仕事であるということである。マクミランの著書からもう一度引用しよう。
 保育園の子供は,かなりよい体格をしている。スラム街に住んでいる近所の子供たちが彼(保育園の子ども)に遠く及ばないだけではない。彼(保育園の子ども)よりも良い地域に住んでいる「良家の子女たち」,即ち,中流階級の非常に良い体格をした子供たちでさえ,彼に及ばないのである。親の愛情や,「親の責任感」以上のものが必要であることは,明らかである。経験のみに頼る方法は,全て失敗に終わった。知識を伴わない「親の愛情」も失敗に終わった。しかし,子どもの保育は失敗していない。それはきわめて高度の熟練を要する仕事なのである。 /
(Pt.2 Education of Character)
Chap.13 Nursery school (OE13-050)

I do not think these claims exaggerated. The nursery school, if it became universal, could, in one generation, remove the profound differences in education which at present divide the classes, could produce a population all enjoying the mental and physical development which is now confined to the most fortunate, and could remove the terrible deadweight of disease and stupidity and malevolence which now makes progress so difficult. Under the Education Act of 1918, nursery schools were to have been promoted by Government money ; but when the Geddes Axe descended it was decided that it was more important to build cruisers and the Singapore Dock for the purpose of facilitating war with the Japanese. At the present moment the Government is spending £650,000 a year on such purposes as inducing people to poison themselves with preservatives in Dominion bacon ,and butter rather than eat pure butter from Denmark. To secure this end our children are condemned to disease and misery and unawakened intelligence, from which multitudes could be saved by the same sum a year spent on nursery schools. The mothers now have the vote; will they some day learn to use it for the good of their children?
Apart from these wider considerations, what has to be realized is that the right care of young children is highly-skilled work, which parents cannot hope to do satisfactorily, and that it is quite different work from school-teaching in later years. To quote Miss McMillan again :
The nursery child has a fairly good physique. Not only do his neighbours in the slum fall far short of him: his "betters" in good districts, the middle-class children, of a very good type, fall short of him. It is clear that something more than parental love and "parerltal responsibility" are wanted. Rules of thumb have all broken down. "parental love" without knowledge has broken down. Child nurture has not broken down. It is very highly skilled work.

(掲載日:2015.06.12/更新日: )