9 ラッセル教育論/第13章 保育園(OE13-060)- Bertrand Russell のページ
(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 13(第13章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第13章 保育園(OE13-060)


財政問題に関しては,
 百人の子供のいる保育園は,今日,一人あたり年間12ポンドの費用で運営できる。この額の1/3であれば,最も貧しい地域の親でも支払うことができる。教育実習生をスタッフとして置く保育園は,もっと費用がかかるだろうが,増えた費用の大部分は未来の先生たちの報酬及び生活費として使われることになるだろう。全部で100人の子供と30人の教育実習生のいる,教員養成所つきの野外保育園(青空保育園)にしても,その費用は年間約2,200ポンドであり,大きな違い(差)はない。
 もう一つ引用しよう。
 保育園の一つの大きな成果は,子供たちが今日のカリキュラムを一段と早くすませてしまえる,ということだろう。現在の小学校生活の半分ないし2/3を終えただけで,より程度の高い学習へ進む準備ができるだろう・・・要するに,保育園が本当に保育の場所であり,単に赤ん坊が5歳になるまで「面倒を見てもらう」だけの場所ではないとしたら,それは我が国の教育制度全体に,とても強力かつ急速な影響を及ぼすだろう。保育園は,小学校を始めとして,あらゆる学校の教化(culture 道徳的影響力)と学力の可能な水準を急速に高めるだろう。私たちは,病気と不幸のゴタゴタ(welter 寄せ集め)の中で生活しており,そのために医者の仕事のほうが教師の仕事よりも大きく見えているが,保育園は,それらを一掃できるということを証明するだろう。保育園は,どっしりした塀,いかめしい門,固い運動場,陽の当たらない巨大な教室を,現状のままでは,奇怪なものに見えるようにしてしまうだろう。保育園は,教師たちに成功のチャンスを与えるだろう。
 保育園は,早期(幼年期)の性格訓練と,その後の知育(知識の教育)との中間の位置を占めている。保育園は,同時に両方の仕事を行なう。どちらの仕事も,お互いに助けとなりながら行なわれるが,子供が大きくなるにつれて,知育の割合がしだいに大きくなっていく。モンテッソーリ夫人が彼女の方法(注:いわゆる「モンテッソーリ方式」)を完成させたのは,保育園と似たような機能を持つ施設においてであった。ローマ市内の(何箇所かの)大きな借家で,(それぞれ)大きな部屋が1つ,3歳から7歳までの子供たちのために用意され,モンテッソーリ夫人がこれらの「子供の家」の管理を委託されたのである(原注:モンテッソーリ『モンテッソーリ式教育法』(1912年),p.42以下参照)。デットフォード(注:マクミラン女史の保育園があった英国の Deptford のこと)の場合と同様に,子供たちは最も貧困な階層の出身であった。デットフォードと同様に,その成果は,幼年期に面倒を見てあげれば,悪い家庭の身体的・精神的なハンディキャップを克服できることを示したのであった。
(Pt.2 Education of Character)
Chap.13 Nursery school (OE13-060)

As regards the finances :
A nursery school of 100 Children can be run to-day at an annual cost of £12 per head, and of this sum the parents in the poorest quarters can pay one-third. A nursery school staffed by students will cost more, but the greater part of the increased cost would be paid as fees and maintenance of future teachers. An open-air nursery and training centre, numbering in all about 100 children and 30 students, costs, as nearly as makes no difference, £2,200 per annum.
One more quotation :
One great result of the nursery school will be that the children can get faster through the curriculum of to-day. When they are half or two-thirds through the present elementary school life they will be ready to go on to more advanced work. ... In short, the nursery school, if it is a real place of nurture, and not merely a place where babies are "minded" till they are five, will affect our whole educational system very powerfully and very rapidly. It will quickly raise the possible level of culture and attainment in all schools, beginning with the junior schools. It will prove that this welter of disease and misery in which we live, and which makes the doctor's service loom bigger than the teacher's, can be swept away. It will make the heavy walls, the terrible gates, the hard playground, the sunless and huge class-room look monstrous, as they are. It will give teachers a chance.
The nursery school occupies an intermediate position between early training of character and subsequent giving of instruction. It carries on both at once, and each by the help of the other, with instruction gradually taking a larger share as the child grows older. It was in institutions having a similar function that Madame Montessori perfected her methods. In certain large tenement houses in Rome a large room was set apart for the children between three and seven, and Madame Montessori was put in charge of these "Children's Houses". (note: See Montessori, The Montessori Method (Heinemann, I9I2), pp 42ff.) As in Deptford, the children came from the very poorest section of the population; as in Deptford, the results showed that early care can overcome the physical and mental disadvantages of a bad home.

(掲載日:2015.06.12/更新日: )