(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル幸福論』(松下彰良・訳)

The Conquest of Happiness.
(London; Allen & Unwin, 1930)

総目次へ

第1部「不幸の原因」:第6章「ねたみ」 (envy) 累積版

  1. 心配ごとの次に、不幸の最も有力な原因の一つは、おそらくは'ねたみ(envy)'であろう。・・・。
  2. 普通の尊敬すべき女性たちの間においても、'ねたみ'は、並はずれて大きな役(割)を果たしている。・・・。
  3. 通常の人間性の特徴の中で、'ねたみ'が最も不幸なものである。・・・。
  4. 'ねたみ'に対して、どのような治療法があるだろうか。聖者の場合は、'無私・無欲'という治療法がある。・・・・。
  5. だが、ねたみ深い人間は、次のように言うかもしれない。・・・・。
  6. '不必要な謙虚'も、'ねたみ'とかなり関係がある。・・・・。
  7. 'ねたみ'は、もちろん、'競争'と密接な関係がある。・・・・。
  8. 悪いものはみな、互いに関連しており、いずれ(の悪しきもの)も、他の(悪しきものの)原因になりやすい。・・・・。
    第1部第7章「罪の意識」へ