(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.6:Envy   Contents(総目次へ)
* 右下イラスト出典:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.

 通常の人間性の特徴の中で,'ねたみ'が最も不幸なものである。
'ねたみ'深い人は,他人に災いを与えたいと思い,とがめられることなく(罰を受けることなく)できるときにはいつでもそうするだけでなく,'ねたみ'によって,自分自身をも不幸にする。'ねたみ'深い人は,自分が持っているものから喜びを引き出すかわりに,他人が持っているものから苦しみを引き出す。可能であれば,他人の長所(強み)を奪おうとする。それは(他人の長所(強み)を奪うことは),彼(彼女)にとっては,同じ長所(強み)を自分が確保することと同様に望ましいことなのである。もしも,この情熱を何の歯止めもないままにしておいたならば,それはあらゆる優秀なものにとって,さらには,例外的に優れた技能の有益な行使の大部分にとって,致命的なものとなる。(一般)労働者は歩いて職場に行かなければならないのに,なぜ医者は車に乗って患者の往診に行くのか。ほかの者が厳しい自然(暴風雨等の天候)に直面しなければならないのに,なぜ科学研究者は暖かい部屋で時間を過ごすことを許されるのか。世界にとって非常に重要なまれな才能の持ち主は,なぜ自分の家の雑用をしなくてもいいのか。こういった疑問に対し,'ねたみ'は何も答えられない。しかし,幸いにも,人間性にはこれを埋め合わせる情熱,すなわち,賛美の感情がある。人間の幸福を増やしたいと思う人は誰でも,賛美の情熱を増やし,'ねたみ'を減らしたいと願わなければならない。

 
Of all the characteristics of ordinary human nature envy is the most unfortunate; not only does the envious person wish to inflict misfortune and do so whenever he can with impunity, but he is also himself rendered unhappy by envy. Instead of deriving pleasure from what he has, he derives pain from what others have. If he can, he deprives others of their advantages, which to him is as desirable as it would be to secure the same advantages himself. If this passion is allowed to run riot it becomes fatal to all excellence, and even to the most useful exercise of exceptional skill. Why should a medical man go to see his patients in a car when the labourer has to walk to his work? Why should the scientific investigator be allowed to spend his time in a warm room when others have to face the inclemency of the elements? Why should a man who possesses some rare talent of great importance to the world be saved from the drudgery of his own housework? To such questions envy finds no answer. Fortunately, however, there is in human nature a compensating passion, namely that of admiration. Whoever wishes to increase human happiness must wish to increase admiration and to diminish envy.