バートランド・ラッセルの名言・警句( Bertrand Russell Quotes )

ラッセル関係電子書籍一覧

 シドニー・ウェッブは,無節操と考えられるような策略を使うことを少しもためらわなかった。たとえば彼は,多数が反対しているある論点を委員会で通過させたいと思った時は,いつもその係争点が(同じ決議文の中に)2度出て来るように決議案を作成した,と私に語っていた。それが最初に出て来たところで長い時間かけて討論をし,最後には愛想よく譲歩する。十中八九,その論点と同じものが,同一決議案の後ろの方にまた出て来るとは誰も気がつかないだろう,と彼は結論を下した。

Sidney Web had no hesitation in using wiles which some would think unscrupulous. He told me, for example, that when he wished to carry some point through a committee where the majority thought otherwise, he would draw up a resolution in which the contentious point occurred twice. He would have a long debate about its first occurrence and at last give way graciously. Nine times out of ten, so he concluded, no one would notice that the same point occurred later in the same resolution.
 Source: The Autobiography of Bertrand Russell, v.1 :
 More info.: https://russell-j.com/beginner/AB14-070.HTM

<寸言>
 温厚に見せかけ、知略によって相手を出し抜く。相手が罠にはまったことに後から築いても時すでに遅し。また長い議論をやり直すことはとても大変なので、容認することになりやすい。
 ラッセル関係電子書籍一覧
#バートランド・ラッセル / #Bertrand_Russell
   

Copyright: (c) Akiyoshi Matsushita (松下彰良) All Rights Reserved.