バートランド・ラッセルのポータルサイト

ラッセル英単語_語源を参考に理解_002

"dom" = 「家、主」



清水建二(編)『英語の語源大全』p.27-30から引用

* dome : 家 → 丸天井
* duomo : 神の家 → 大聖堂
* dominate : 主人として支配する
* domestic : 家の → 家庭内の
* domesticate : 家に入れる → 飼いならす

* madam(女性の敬称 ma dame は「私の貴婦人」に由来) と madonna(イタリア語)は同語源

★ domesticate【(vt) 家畜化する、飼いならす;(野蛮人を)教化する;(しばしば過去分詞形で)家庭向けにする、世帯地味させる】

* 語源: domestic(家庭内の)+ ate(~する)→「家畜化する」
* domestication (n):飼いならし、家畜化;教化

1.ラッセルの用例


ラッセル英単語・熟語1500
The domesticated wife does not receive wages, has no means of bettering herself, is taken for granted by her husband (who sees practically nothing of what she does), and is valued by him not for her housework but for quite other qualities.
[家庭的な(世帯じみた)妻は、給料はもらえず、自分自身を向上させる手段は何も持たず、夫(妻のしていることをほとんど何も見ていない)からはそれが当然のことだと思われている。そうして、妻は家事ではなく全く別の性質で(性質ゆえに)評価される。]
 出典:ラッセル『自伝』2巻第2章「テレグラフ・ハウス時代末期

There are those who hold that originally animals were domesticated for religious reasons, not from utility, but that the tribes which tried to domesticate the crocodile or the lion died out, while those which chose sheep and cows prospected.
[動物は、当初、効用からではなく、宗教的理由で飼い馴らされた(家畜化された)と考えている人達がいる。ワニやライオンを飼いならそうとした部族は死に絶えた一方、羊や牛を飼い馴らした部族は繁栄した。]
 出典:ラッセル『教育と社会秩序』第8章「教育における宗教

Bit by bit, through stone implements, domestication of animals, agriculture, bronze, and iron, man acquired mastery of his environment and rose from being a rare species at the mercy of wild animals to being the lord of creation and the commonest of the larger mammals.
[人類は、石器、動物の家畜化、農業、青銅器、鉄器という段階を経て、一歩一歩、自らの環境の支配力を獲得し、野生動物の脅威におびえる稀少な一つの種から、'万物の霊長'にして、大型哺乳類の中の最もありふれた種にまで地位を向上させた。]
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ集』の中の「進歩の保証はあるか?

2.参考例

Cats were domesticated by the Egyptians.
[猫はエジプト人によって飼いならされたものである。]
 出典:Shogakukan Random House English-Japanese Dictionary, 1982 ed.

Cows were domesticated to provide us with milk.
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.

When people domesticate wild animals or plants, they bring them under control and use them to produce food or as pets.
 出典:Collins COBUILD English Dictionary for Advanced Learners, new ed.