(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA25-030)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 14(Work)   Contents (総目次)
 大部分の仕事には、ささやかであるとしても、時間をつぶし、野心へのはけ口を与えるといった満足感を伴っており、その満足感は、退屈な仕事をしている人をさえ、平均すれば、全然仕事をしていない人よりも、より幸せにするに十分である。しかし、仕事が興味深い(面白い)場合は、単なる'退屈しのぎ'よりもずっと高度なレベルの満足を得ることができる(←与えることができる)何らかの興味を持てる仕事は、階層的に配列可能だろう。(最初に)ほどほどに面白いだけの仕事から始め、最後に、偉大な人間がその全精力を集中する価値がある仕事をとりあげることにしよう。
 仕事を興味深いものにする主な要素は、2つある。第一に技術の行使であり、その次は建設である。
 何らかの並みはずれた技術を身につけた人は誰でも、それが当然のことになるまで(その技術が珍しいものでなくなるまで?)、あるいは、もうそれ以上改善の余地がなくなるまで、その技術を行使することを楽しむものである。行動へのこうした動機は、幼少期の初期に発生する。たとえば、逆立ちのできる男の子は、両足で立つ(普通に2本足で立つ)のをいやがるようになる(本当?/stand on his head は、頭がついていない逆立ちは違うのか?)。非常に多くの仕事は、'技術競技会'から得られるのと同じ喜びを与える。弁護士や政治家の仕事は、ブリッジ・ゲームから得られるのと同様の喜びを、もっと快い形で非常に多く含んでいるに違いない。この場合には、もちろん、技術の行使だけでなく、権謀術策にたけた敵を出し抜くという要素も含まれている。しかし、このような競争的な要素がない場合でさえ、難しい離れ業を演ずるのは快いことである。曲芸飛行のできる人にとって、曲芸飛行の喜びは大変大きく、そのためには喜んで命の危険を冒す。有能な外科医も、彼の仕事(手術)がなされる厳しい状況にもかかわらず、自分の手術の絶妙な精確さから満足を得るのではないかと想像する。同種の喜びは、これほど強い形ではないだろうが、多くのもっとつつましやかな仕事'からも得ることができる。私は、'配管の仕事'を楽しんでいる配管工(鉛管工)について聞いたことさえある(ただし、私は、そういった配管工に会う機会はあいにくまったくなかったけれども)。必要とされる技能(技術)が変化に富むか、あるいは際限なく向上させうる ものであれば、技能(熟練)を要する仕事は全て、楽しいものにすることができる。(しかし)もしこういった条件がなければ、(その人が獲得可能な)最高度の技能(技術)を身につけたときには、仕事は面白くなくなってしまうであろう。 3マイル・レース(ほぼ5,000m走)の選手は、自分の以前の記録を打ち破ることができる年齢を過ぎると、この仕事に喜びを見いだせなくなるだろう。幸いにも、新しい状況が新しい技術を必要とするとともに少なくとも中年に達するまで技術の向上を続けていける仕事は、かなりたくさんある。たとえば、政治のように、ある種の熟練を要する仕事においては、人は、60歳から70歳の間が最もよく力を発揮するように思われる。なぜかと言えば、この種の仕事では、他人についての幅広い経験が不可欠だからである。こういうわけで、成功した政治家は、70歳の同年齢の他のいかなる人よりも幸福であることが多い。この点で彼らと競争できるのは、大企業のトップのみである。
https://www.animationlibrary.com/a-l/
The satisfaction of killing time and of affording some outlet, however modest, for ambition, belongs to most work, and is sufficient to make even a man whose work is dull happier on the average than a man who has no work at all. But when work is interesting, it is capable of giving satisfaction of a far higher order than mere relief from tedium. The kinds of work in which there is some interest may be arranged in a hierarchy. I shall begin with those which are only mildly interesting and end with those that are worthy to absorb the whole energies of a great man.
Two chief elements make work interesting: first, the exercise of skill, and second, construction.
Every man who has acquired some unusual skill enjoys exercising it until it has become a matter of course, or until he can no longer improve himself. This motive to activity begins in early childhood: a boy who can stand on his head becomes reluctant to stand on his feet. A great deal of work gives the same pleasure that is to be derived from games of skill. The work of a lawyer or a politician must contain in a more delectable form a great deal of the same pleasure that is to be derived from playing bridge. Here, of course, there is not only the exercise of skill but the outwitting of a skilled opponent. Even where this competitive element is absent, however, the performance of difficult feats is agreeable. A man who can do stunts in an aëroplane finds the pleasure so great that for the sake of it he is willing to risk his life. I imagine that an able surgeon, in spite of the painful circumstances in which his work is done, derives satisfaction from the exquisite precision of his operations. The same kind of pleasure, though in a less intense form, is to be derived from a great deal of work of a humbler kind. I have even heard of plumbers who enjoyed their work, though I have never had the good fortune to meet one. All skilled work can be pleasurable, provided the skill required is either variable or capable of indefinite improvement. If these conditions are absent, it will cease to be interesting when a man has acquired his maximum skill. A man who runs three-mile races will cease to find pleasure in this occupation when he passes the age at which he can beat his own previous record. Fortunately there is a very considerable amount of work in which new circumstances call for new skill and a man can go on improving, at any rate until he has reached middle age. In some kinds of skilled work, such as politics, for example, it seems that men are at their best between sixty and seventy, the reason being that in such occupations a wide experience of other men is essential. For this reason successful politicians are apt to be happier at the age of seventy than any other men of equal age. Their only competitors in this respect are the men who are the heads of big businesses.

(掲載日:2006.07.02/更新日:2010.5.10)