(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.6:Envy   Contents(総目次へ)
 だが,ねたみ深い人間は,次のように言うかもしれない。「'ねたみ'の治療薬は幸福(になること)だと私に言ったところで,何になるのか。私が'ねたみ'を感じ続けている間,私は幸福を見つけることはできず,しかもあなたは,私が幸福を見つけるまでは,私は'ねたむ'ことをやめないと言う。」 しかし,現実の人生は,決してこのように論理的なものではない。自分のねたみ深い感情の原因を認識しただけでも,そういう感情を治療する方向に大きく一歩前進したことになる。他人と比較してものを考える習慣は,致命的な習慣である。 (注:下イラスト出典:B.Russell's Good Citizen's Alphabet, 1953)何でも楽しいことが起これば,大いに楽しむべきであり,これは,よその誰かに起こっているかもしれないことほど楽しくないかもしれないなどと,立ち止まって考えるべきではない。
 ねたみ深い人は言う。「はい,確かにきょうは天気がよく,季節は春,鳥は歌っており,花々はたくさん咲いている。だけど,私の知るところでは,シシリーの春は千倍も美しく,ヘリコンの森の鳥は絶妙な鳴き声でさえずり,シャロンのバラは我が家の庭のどのバラよりも愛らしいそうだ。」そうして,彼がこのように思っているうちに,陽はかげり,鳥の歌は無意味なさえずりになり,花は一瞥の価値もないものに思われてくる。人生の他のすべての喜びも,彼は,同じように扱う。彼は自分に言いきかせる。「ええ,確かに私の恋人はかわいいし,私は彼女を愛しており,彼女も私を愛している。だけど,シバの女王のほうがもっとずっと素晴らしかったに違いない。ああ,私にソロモン王と同じ機会さえあったらなあ!」
(右イラスト出典:B. Russell's Nightmares of Eminent Persons and Other Stories, 1954.)
 このような比較は全て,無意味かつ愚かである。不満の原因がシバの女王であろうと,隣人であろうと,同様に無益である。賢い人であれば,他人が別のものを持っているからといって,自分の持っているものが楽しいものでなくなるようなことはない。
'ねたみ'は,実際のところ,一部は道徳的,一部は知的な悪徳の一形態であって,その本質は,決して'物事'を'それそのもの'として見ず,他との関係において見ることにある。たとえば,私は必要を満たすだけの給料をもらっていると仮定しよう。私はその給料で満足すべきだが,どう考えても自分より優秀だとは思えない人間が私の2倍の給料をもらっていることを耳にする。(すると)私がねたみ深い人間であれば,即座に,自分の持っているものから得られる満足は色あせ,不公平感にとらわれ始める。
  こういう事態に対する適切な治療薬(治療法)は,精神を訓練すること,つまり,'無益なこと'は考えない習慣(を身につけること)である。結局,幸福よりうらやましがられるものは,他にはないはずである(←あるだろうか←何であろうか)。であれば,'ねたみぐせ'を治すことができれば,私は幸福を手に入れ,他人からうらやまれる身分になれる。私の2倍の給料をもらっている人は,疑いもなく,今度は,誰か他の人が自分の2倍の給料をもらっているという考えにさいなまれることになる。もし,あなたが栄光を望むなら,あなたはナポレオンをうらやむかもしれない。しかし,ナポレオンはシーザー(カエサル)をねたみ,シーザーはアレクサンダー大王をねたみ,アレクサンダー大王はたぶん,実在しなかったヘラクレスをねたんだことだろう。それゆえ,あなたは,成功だけで'ねたみ'から逃れることはできない。なぜなら,歴史上あるいは伝説の中に,常にあなたよりももっと成功した人物がいるからである。手にはいる楽しみを享受し,やらなければならない仕事をし,自分よりも幸運だと--たぶん,まったく誤って--想像する人たちとの比較をやめれば,あなたは,'ねたみ'から逃れることができる。
* From Free animation library
https://www.animationlibrary.com/a-l/

But the envious man may say: 'What is the good of telling me that the cure for envy is happiness? I cannot find happiness while I continue to feel envy, and you tell me that I cannot cease to be envious until I find happiness.' But real life is never so logical as this. Merely to realise the causes of one's own envious feelings is to take a long step towards curing them. The habit of thinking in terms of comparisons is a fatal one. When anything pleasant occurs it should be enjoyed to the full, without stopping to think that it is not so pleasant as something else that may possibly be happening to someone else.
'Yes,' says the envious man, 'this is a sunny day, and it is springtime, and the birds are singing, and the flowers are in bloom, but I understand that the springtime in Sicily is a thousand times more beautiful, that the birds sing more exquisitely in the groves of Helicon, and that the rose of Sharon is more lovely than any in my garden.' And as he thinks these thoughts the sun is dimmed, and the birds' song becomes a meaningless twitter, and the flowers seem not worth a moment's regard. All the other joys of life he treats in the same way. 'Yes,' he will say to himself, 'the lady of my heart is lovely, I love her and she loves me, but how much more exquisite must have been the Queen of Sheba! Ah, if I had but had Solomon's opportunities! '

All such comparisons are pointless and foolish; whether the Queen of Sheba or our next-door neighbour be the cause of discontent, either is equally futile. With the wise man, what he has does not cease to be enjoyable because someone else has something else. Envy, in fact, is one form of a vice, partly moral, partly intellectual, which consists in seeing things never in themselves, but only in their relations. I am earning, let us say, a salary sufficient for my needs. I should be content, but I hear that someone else whom I believe to be in no way my superior is earning a salary twice as great as mine. Instantly, if I am of an envious disposition, the satisfactions to be derived from what I have grow dim, and I begin to be eaten up with a sense of injustice.
For all this the proper cure is mental discipline, the habit of not thinking profitless thoughts. After all, what is more enviable than happiness? And if I can cure myself of envy I can acquire happiess and become enviable. The man who has double my salary is doubtless tortured by the thought that someone else in turn has twice as much as he has, and so it goes on. If you desire glory, you may envy Napoleon. But Napoleon envied Caesar, Caesar envied Alexander, and Alexander, I daresay, envied Hercules, who never existed. You cannot, therefore, get away from envy by means of success alone, for there will always be in history or legend some person even more successful than you are. You can get away from envy by enjoying the pleasures that come your way, by doing the work that you have to do, and by avoiding comparisons with those whom you imagine, perhaps quite falsely, to be more fortunate than yourself.

(掲載日:2005.06.02/更新日:)