+ 20200729 ラッセル英単語・熟語:s174 shorthand
(本館) (トップ) (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語

★ shorthand【 (n) 速記,速記法;簡潔な言い方 | (adj.) 速記(法)の】


1.ラッセルの例

Not long afterwards a diary of my father's, written partly in shorthand (obviously for purposes of concealment), came into my hands.
[その後間もなくして,(明らかに秘密にしておく目的で)一部速記で書いてある父の日記帳が私の手に入った。]
 出典:ラッセル『自伝』第1巻 第4章「婚約期間

I got back to Cambridge from Rome on New Year's Day 1914, and, thinking that the time had come when I really must get my lectures prepared, I arranged for a shorthand typist to come next day, though I had not the vaguest idea what I should say to her when she came.
[私は,1914年の元日に,ローマからケンブリッジに戻った。そうして,本当に講義の準備をしなければならない時期が来たと思ったので,その翌日に速記タイピストに来てもらうよう手配した。ただし,彼女が来たら何を言うか,その時はまったく何の考えも持ちあわせていなかった。]
 出典:ラッセル『自伝』第1第7章「再びケンブリッジ大学へ

2.参考例

write shorthand
[速記で書く]
 出典:『究極の英単語 v.4_超上級の3000語』p.138

The secretary made notes in shorthand.
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.

Shorthand is a quick way of writing and uses signs to represent words or syllabies.
 出典:Collins COBUILD English Dictionary for Advanced Learners, new ed.