(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ something of a/an [ちょっとした,かなりの,相当の;少しは]
Couturat was for a time a very ardent advocate of my ideas on mathematical logic, but he was not always very prudent, and in my long duel with Poincare I found it sometimes something of a burden to have to defend Couturat as well as myself. .
* duel (n):決闘;争い.
[クーチュラ(Louis Couturat, 1868-1914: フランスの数学者・哲学者で、ライプニッツの研究で有名。1905年からはコレジェ・ド・フランスの教授。自動車事故で死亡)は,一時期,私の数理論理学の種々のアイデア(思想・見解)の非常に熱心な擁護者であったが,いつも非常に思慮深いというわけではなかった。そういうわけで,私のポアンカレ(Jules-Henri Poincare, 1854-1912)との長い論争において,自分自身だけでなく,クーチュラをも弁護しなければならないということは,時々,かなり重荷となった。
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第5章「初婚」]

He was obviously a man of very strong sexual passions, and his face was ravaged by the effort of self-control. His wife was a charming old lady, rather shrewd within her limitations, but something of a trial to the younger generation.
* ravage (n):破壊,荒廃;荒らされた跡 / (v):(・・・を)荒らす;破壊する.
* shrewd (adj):鋭敏な;抜け目ない

[彼は明らかに非常に強い性欲をもった男であり,彼の顔は自制の努力で醜くなっていた。彼の妻はチャーミングな老婦人であり,彼女自身の限界内において,どちらかというと抜け目がない方であったが,若い人たちにとってはかなりやっかいな(うるさい)人物であった。
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第7章「再度ケンブリッジ大学」]

I was not able to attend the 1959 march or the subsequent meeting in Trafalgar Square, but the following year I spoke in the Square at the end of the march. I wished, in these years, that I had been young enough to take part in the marches. Later, they seemed to me to be degenerating into something of a yearly picnic.
[私は1959年の平和行進やそれに続くトラファルガー広場での集会に出席ができなかった。けれどもその翌年(1960年)の平和行進の最後に,トラファルガー広場で演説をした。当時私は,毎年そうした平和行進に参加できるほど若かったらよいのにと思った。そうした平和行進も,後には,年1回のちょっとしたピクニックのようなものに堕落しつつあるように感じられた。
 出典:ラッセル『自伝』第3巻第3章「トラファルガー広場」]

He is something of a scholar.
[彼はちょっとした学者だ → 少しは学問ができる。
 出典:森一郎『試験にでる英熟語』p.126]

He is something of an expert on growing vegetables.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]

He's something of a musician.
[彼はちょっとした音楽家だ。
 出典:Kenkyusha's New College English-Japanese Dictionary, 8th ed.]