(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ repent (v)【後悔する,残念に思う】

* re = again , pent < pain(苦痛)→「再び心を痛める」
* repentant (adj.):後悔している;遺憾に思って
* repentance (n):後悔,悔い改め
An Italian magnate of the sixteenth century, on his deathbed, told the priest that he repented of only one thing, namely, that he had not taken advantage of an opportunity to murder both the Pope and the Emperor at once, which would have secured him a place in history.
[16世紀のイタリアのある有力者は,死の床のなかで,法皇と皇帝の両者を暗殺して自分の名を歴史にとどめる機会を逃したことだけが心残りだ,と自分をみとったその牧師に語った。]
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ集』の中の「誰から賞賛されたいか

When we speak of repentance as 'washing out' guilt we are using a metaphor derived from the fact that long ago actual washing was used to remove blood-stains. .
[我々が悔いることを,罪を「洗い流す」と言うとき,我々は,ずっと昔に,実際の洗濯が血の汚れを除くために行われたということに由来する一つの隠喩を用いているのである。]
 出典:ラッセル善人が為す害悪

Then, in his disappointment, he becomes cruel, repents of his cruelty, and starts afresh on the dreary round of imagined sin and real remorse.
[そこで,失望して,残酷になり,そして残酷であることを後悔し,そうして,また想像上の罪と現実の後悔というわびしい堂々巡りを,新たに始めるのである。]
 出典:ラッセル『幸福論』第1章「不幸の原因

In spite of having said such a harsh thing to her, he will not repent of it.
[彼女にあんなにひどいことを言ったのに,彼は後悔していないようだ。]
 出典:『新版データベース5500合格英単語・熟語』p.287

I have nothing to repent of.
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.

God welcomes the sinner who repents.
 出典:Oxford Advanced Learner's Dictionary, 8th ed.