(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next Part I(Causes of Unhappiness), Chap.1: What makes people unhappy? 目次)
Contents(総目次)

 自己陶酔には多くの種類がある。ごくありふれたタイプとして,「罪びと」,「ナルシシスト」,「誇大妄想狂」の3つのタイプをとりあげてみよう。

 私が「罪びと」と言うとき,'罪を犯した人'のことを意味しているのではない。「」は,この言葉の定義によって,全ての人が犯すものにもなるし,誰も犯さないものにもなる。私の言っているのは,罪の意識にとり憑かれた人のことである。こういう人は,絶えず自分を非難している。信心深い人であれば,その非難を神から自分に対する非難だと解釈する。彼は,あるべき自分の理想像を抱いており,その理想像は現実の(あるがままの)自分の姿と絶えず衝突している。たとえ意識の上では,母親のひざ元で(=子供の時に)教えられた教訓をとっくに(注: long since ずっと前に)捨て去っていたとしても,罪の意識が無意識の中に深く埋め込まれていて,酔ったときとか,眠っているときときにのみ現れるかもしれない。(注: If = Even if)それにもかかわらず,それだけであらゆるものから味わいをとるのに十分かも知れない。心の奥底では,いまだに,幼年期に教えられたすべての禁止令を受け入れているのである。汚い言葉を使うこと(人の悪口を言うこと)はよくない。酒を飲むのはよくない(悪いことである)。通常の商売での抜け目の無さ(ずるい駆け引きをすること)ははよくない。特に,セックスはよくない。もちろん,彼はこういった快楽をどれ一つ控えるわけではない。しかし,これらの快楽は自分を堕落させるものだという(無意識の/意識下の)感情のためにすべてが毒されてしまっているのである。彼が心から望む喜びは,ただひとつ,幼い時に経験した記憶のある,母親からほめられて愛撫される喜びなのであるもはや,この喜びを得ることはできないので,もう重要なものは何もないという気持ちになる。罪は犯さなければならない以上,毒を食らわば皿までと決心する。恋をすれば,母性的な優しさを求める。しかし,それを受けとることはできない。なぜなら,自分の母親のイメージのために,性的関係を持ついかなる女性も尊敬することができないからである。そこで,失望して,残酷になり,そして残酷であることを後悔し,そうして,また想像上の罪と現実の後悔というわびしい堂々巡りを,新たに始めるのである。これこそ,非常に多くの,一見非情なろくでなし(堕落者)の心理である。彼らに道を踏み迷わせるのは,到達できない対象(母親または母親の代理)に対する献身的な愛とともに幼年期に植えつけられたバカバカシイ道徳律である。これら母性的な「美徳」の犠牲者たちにとっては,幼年期の信条と愛情の圧政から解放されることが幸福に至る第一歩である。
Self-absorption is of various kinds. We may take the sinner, the narcissist, and the megalomaniac as three very common types.
When I speak of "the sinner," I do not mean the man who commits sins: sins are committed by every one or no one, according to our definition of the word. I mean the man who is absorbed in the consciousness of sin. This man is perpetually incurring his own disapproval, which, if he is religious, he interprets as the disapproval of God. He has an image of himself as he thinks he ought to be, which is in continual conflict with his knowledge of himself as he is. If, in his conscious thought, he has long since discarded the maxims that he was taught at his mother's knee, his sense of sin may be buried deep in his unconscious, and only emerge when he is drunk or asleep. Nevertheless it may suffice to take the savor out of everything. At bottom he still accepts all the prohibitions he was taught in infancy. Swearing is wicked; drinking is wicked; ordinary business shrewdness is wicked; above all, sex is wicked. He does not, of course, abstain from any of these pleasures, but they are all poisoned for him by the feeling that they degrade him. The one pleasure that he desires with his whole soul is that of being approvingly caressed by his mother, which he can remember having experienced in childhood. This pleasure being no longer open to him, he feels that nothing matters; since he must sin, he decides to sin deeply. When he falls in love, he looks for maternal tenderness, but cannot accept it, because, owing to the mother-image, he feels no respect for any woman with whom he has sexual relations. Then, in his disappointment, he becomes cruel, repents of his cruelty, and starts afresh on the dreary round of imagined sin and real remorse. This is the psychology of very many apparently hard-boiled reprobates. What drives them astray is devotion to an unattainable object (mother or mother-substitute) together with the inculcation, in early years, of a ridiculous ethical code. Liberation from the tyranny of early beliefs and affections is the first step towards happiness for these victims of maternal 'virtue'.