(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ rebel [(v) (政府・権力・慣習などに)反抗する,反逆する;反感を表す || (n) 反逆者,反攻者]

* rebellion (n): 反乱,暴動
* rebellious (adj.):反抗的な;反逆心のある
* 森一郎『<改訂新版>試験に出る英単語』p.162 説明:re = against , bel = war → 「〜に逆らって戦争を起こす」
But from a very early age there comes to be a conflict between love of parental power and desire for the child's good, for, while power over the child is to a certain extent decreed by the nature of things, it is nevertheless desirable that the child should as soon as possible learn to be independent in as many ways as possible, which is unpleasant to the power impulse in a parent. Some parents never become conscious of this conflict, and remain tyrants until the children are in a position to rebel.
* decree (n;v): 法令として布告する;(天・運命が)定める,決定する
[けれども,非常に早い時期から,親の権力欲と子供の幸福を願う気持ちとの間に'葛藤'が生じる。というのは,子供に対する権力はある程度まで道理(自然の理)によって定められるものであるが,にもかかわらず子供ができるだけ早くかつできるだけ多くの面で自立することを学ぶのはやはり望ましいことであり,そしてそれ(自立を学ぶこと)は親の中にある権力衝動にとっては愉快なことではないからである。一部の親は,ついにこの葛藤を意識するに至らず,子供たちが反抗できるようになるまで暴君であり続ける。
 出典:ラッセル『幸福論』第13章「家族」]

From the point of view of psychology and physiology, fear and rage are closely analogous emotions; the man who feels rage is not possessed of the highest kind of courage. The cruelty invariably displayed in suppressing Negro insurrections, communist rebellions and other threats to aristocracy, is an offshoot of cowardice, and deserves the same contempt as it bestowed upon the more obvious forms of that vice.
[心理学や生理学の観点から見ると,恐怖と激怒は,非常に類似した感情である。激怒を感じる人は,最高の勇気を持っていない。黒人暴動,共産主義者の反乱,その他,貴族制度(特権階級)に対する脅威を鎮圧する際に必ず顕になる残酷さは,臆病(な心)から出たものであり,もっと明確な形の臆病に与えられるのと同様の軽蔑に値する。
 出典:ラッセル『教育論』第2章「教育の目的」]

The people have rebelled against their foreign rulers.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]

Most teenagers find something to rebell against.
[ 出典:Oxford Advanced Learner's Dictionary, 8th ed.]