(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


prick【(vt) ちくりと刺す,つく;(ついて)穴をあける;(苦痛などで)苦しめる | (vi) ちくちく痛む ||(n)(針で)さすこと;うずき;針) 】

* prick up one's ears :(馬や犬などが)耳をそばだてる;(人が)聞き耳を立てる
What, then, is really happening when a man's conscience pricks him?
[それでは、良心が咎める(とがめる)と言うとき、実際には何が起こっているのだろうか。]
 出典:ラッセル『幸福論』第7章「罪悪感(罪の意識)

I pricked up my ears and said, 'Is there a lion coming?
[私は耳をそばだててこう言った。「'ライオン'が来るの?」。]
 出典:ラッセル『自伝』第1巻 第1章「幼少時代

So far from feeling self-satisfied because of giving, we feel our social conscience pricked because we profit by a system which reduces others to such want and humiliation.
[喜捨をすることによって自己満足を感ずるどころか、自分たちは他人をこのような窮乏と屈辱的な状態にしてしまう体制で利益を得ていると感じて、社会的良心が痛むのを感じる。]
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ集』の中の「慈善について

He pricked up his ears when they began to talk about him.
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.

A prick is a small, sharp pain that you get when something pricks you.
 出典:Collins COBUILD English Dictionary for Advanced Learners, new ed.