(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』n.8-3(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  第1巻 第1章(幼少時代)累積版へ  総目次へ

 私が接する(交際する)ようになった大人たちは,子供の感情の激しさを理解する能力に著しく欠けていた。4歳の年齢の時,写真をとるためにリッチモンド(の写真館)につれてゆかれた時,写真屋は私を静かに坐らせるのにひどくてこずった。そうしてついに,私が動かないでいれば,スポンジ・ケーキをくれると約束した。その時までの全生涯において,私がスポンジ・ケーキを食べたのはたった一度一つ切りであり,最初に食べた時が私の精神的高揚の一つの山であり続けていた。それゆえ私は,ハツカネズミのように静かにし,写真はすべてうまく撮り終えることができた。しかし私はスポンジ・ケーキをまったくもらえなかった。
 また別の機会に,ある大人が別の大人に「あの若い'ライオン'君(Lion)は何時来る予定ですか」と話しているの聞いた。私は耳を欹て(そばだて)てこう言った。「'ライオン'が来るの?」。彼らは答えた。「ええ,日曜日に来ます。とてもおとなしいんです。応接間で会えますよ」。私は日曜が来るまで毎日,日を数え,そうして日曜の朝は(いまかいまかと)時間を数えて待っていた。ついに若いライオンが来たので応接間に行けば会えると知らされた。私は,応接間に行った。するとそれは'ライアン'という名の普通の青年であった。私は迷夢からさまされ,まったく打ちのめされた。今でもその時の絶望の深さを苦痛を伴って思い出す。
 
写真:4歳の時のラッセル
(出典:理想社刊『ラッセル自叙伝』より)

The grown-ups with whom I came in contact had a remarkable incapacity for understanding the intensity of childish emotions. When, at the age of four, I was taken to be photographed in Richmond, the photographer had difficulty in getting me to sit still, and at last promised me a sponge cake if I would remain motionless. I had, until that moment, only had one sponge cake in all my life and it had remained as a high point of ecstasy. I therefore stayed as quiet as a mouse and the photograph was wholly successful. But I never got the sponge cake.
On another occasion I heard one of the grown-ups saying to another, 'When is that young Lyon coming?' I pricked up my ears and said, 'Is there a lion coming?' 'Yes,' they said, 'he's coming on Sunday. He'll be quite tame and you shall see him in the drawing-room.' I counted the days till Sunday and the hours through Sunday morning. At last I was told the young lion was in the drawing-room and I could come and see him. I came. And he was an ordinary young man named Lyon. I was utterly overwhelmed by the disenchantment and still remember with anguish the depths of my despair.

(掲載日:2006.10.22 /更新日:2010.6.26)