(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


consolation (n) [慰め]

* console (v): 慰める
* 森一郎『改訂新版 試験にでる英単語』p.164説明: con = together , sole = comfort → 「ともに慰める」
* consolation prize :残念賞
* consolation money :慰謝料 * syn. : comfort

Our parents love us because we are their children, and this is an unalterable fact, so that we feel more safe with them than with anyone else. In times of success this may seem unimportant, but in times of failure it affords a consolation and a security not to be found elsewhere.
[親が子供である私たちを愛するのは,私たちが彼らの子供であるためである。これは,変わることのない事実であり,それゆえ,他の誰といるよりも,親と一緒にいる時に安全だと感じる。うまくいっている(←成功している)時は,このことは,重要とは思えないかもしれない。しかし,苦境にある時(失敗した時)には,他のどこにも見つけられない'慰めと安心感'を与えるのである。
 出典:ラッセル『幸福論』第13章「家族」]

Ever since the time of Boethius in the 6th century it has been customary to speak of the consolation of philoshophy, but for my part I find more consolation to be derived from the study of history.
[六世紀に生きたボエティウス(Boethius, 480-524?: イタリアの哲学者,政治家)以来,哲学が与える慰めについて語るのが通例であったが,私自身は,哲学よりももっと多くの慰めを歴史研究から得ている。
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ』の中の「歴史の慰め」]

I have observed the same thing in a really bad London fog. An ordinary fog is a mere nuisance, but a fog so bad that you cannot see your own feet brings consolation even to the most melancholic.
[私は,ロンドンのひどい霧の日に,同じ光景を観察したことがある。普通の霧ならばいやな思いをするだけであるが,足元も見えないぐらいにひどい霧の場合には,極度に憂鬱な人に対しても,心の安らぎを与える。
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ』の中の「災難がうれしいのはなぜか?」]

I lay awake through long nights, hearing first the nightingale, and then the chorus of birds at dawn, looking out upon sunrise and trying to find consolation in external beauty.
[私は,幾晩も,長い夜を,いつまでも眠らずに,ベッドに横たわっていた。最初にナイチンゲール(nightingale サヨナキドリ:夜美しく鳴くので有名/上の切手の鳥)の鳴き声を聞き,それから夜明けに鳥たちの合唱を聞き,日の出を眺め,そうして外界の美しさに慰めを見いだそうと努めた。
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第6章「プリンキピア・マテマティカ」]

The children were a great consolation to him when his wife died.
[ 出典:Oxford Advanced Learner's Dictionary, 8th ed.]