(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA24-070)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 13(The Family)   Contents (総目次)
 家族の基礎(土台)は,当然のことであるが,両親が自分たちの子供に対して'特別な種類の愛情',つまり,両親がお互い(妻→夫/夫→妻)や他人の子供に対して感じる愛情とは異なる愛情を感じるという事実にある。親の中には,自分の子供に対して,'親としての愛情'をほとんどあるいはまったく感じない人もいることは事実である。また,女性(母親)の中には,よその子供に対しても我が子同様強い愛情を感じることができる人がいることも,また,事実である。それにもかかわらず,'親としての愛情'は,普通の人間が我が子に対しては経験することができる(抱くことができる)が,他人に対しては経験できない(抱くことができない)特別な種類の感情である,という大まかな(適用範囲の広い)事実に変わりはない。この感情は,我々(人間)が,動物の祖先から受け継いでいるものである。この点で,フロイトの考え方は,十分に生物学的でないように,私には思われる。なぜなら,子供と一緒にいる動物の母親を観察する人なら誰でも,(動物の)母親の我が子に対する行動は,彼女が性的関係を持っている雄に対する行動とはまったく異なるパターン(型)に従っていることが'観察によってわかる'だろうからである。そして,これと同様な,異なる本能的なパターンが,修正された形で,また動物ほど明確な形ではないが,人間の間にも存在する。この特別な情緒がなかったならば,制度としての家族(家族制度)にはほとんど何のとりえもない(←特別言うべきことはない)だろう。なぜなら,子供たちは,子育ての専門家の世話にまかせても(親が育てることと)同様に良いからである。けれども,現状では,親が子供に対し抱いている特別な愛情は,親の本能が萎縮していないかぎり,親自身と子供の両方にとって価値がある。子供にとって,'親の愛情'の価値は,大部分,他のいかなる愛情よりも信頼がおけるという事実にある。ある人の友達は,ある人の長所ゆえにある人を好きになる。ある人の恋人は,ある人の魅力ゆえにある人を好きになる。長所や魅力が減少すれば,友達や恋人は消えていなくなるかもしれない。 ところが,(子供にとって)両親が最も頼りになるのは--まともな親であれば,(子供が)病気の時や,世間の不興を被っている時でさえも含め--(子供が)不幸のときである。私たちはみな,自分の長所ゆえにほめられれば喜びを感じるが,大部分の人は,心底ではそういう称賛は心もとないと,感じるだけの謙虚さを持っている。親が子供である私たちを愛するのは,私たちが彼らの子供であるためである。これは,変わることのない事実であり,それゆえ,他の誰といるよりも,親と一緒にいる時に安全だと感じる。うまくいっている(←成功している)時は,このことは,重要とは思えないかもしれない。しかし,失敗した時(→苦境にある時)には,他のどこにも見つけられない'慰めと安心感'を与えるのである。

The basis of the family is, of course, the fact that parents feel a special kind of affection towards their own children, different from that which they feel towards each other or towards other children. It is true that some parents feel little or no parental affection, and it is also true that some women are capable of feeling an affection for children not their own almost as strong as that which they could feel for their own. Nevertheless, the broad fact remains that parental affection is a special kind of feeling which the normal human being experiences towards his or her own children, but not towards any other human being. This emotion is one which we inherit from our animal ancestors. In this respect Freud seems to me not sufficiently biological in his outlook, for anyone who will observe an animal mother with her young can see that her behaviour towards them follows an entirely different pattern from her behaviour towards the male with whom she has sex relations. And this same different and instinctive pattern, though in a modified and less definite form, exists among human beings. If it were not for this special emotion there would be almost nothing to be said for the family as an institution, since children might equally well be left to the care of professionals. As things are, however, the special affection which parents have for children, provided their instincts are not atrophied, is of value both to the parents themselves and to the children. The value of parental affection to children lies largely in the fact that it is more reliable than any other affection. One's friends like one for one's merits, one's lovers for one's charms; if the merits or the charms diminish, friends and lovers may vanish. But it is in times of misfortune that parents are most to be relied upon, in illness, and even in disgrace if the parents are of the right sort. We all feel pleasure when we are admired for our merits, but most of us are sufficiently modest at heart to feel that such admiration is precarious. Our parents love us because we are their children, and this is an unalterable fact, so that we feel more safe with them than with anyone else. In times of success this may seem unimportant, but in times of failure it affords a consolation and a security not to be found elsewhere.

(掲載日:2006.06.18/更新日:2010.5.4)