(本館) (トップ) (分館)

ラッセルの英語_日英語表現辞典シリーズ

r_nichieigo_hyogen_t02: tribute


 最所フミ(編著)『日英語表現辞典』(ちくま学芸文庫,2004年1月)を参考にした「ラッセルの英語_日英語表現辞典シリーズ」(通称 R日英表現)です。 総索引

★ tribute (pp.245-246)

 対象への尊敬の念を表すために捧げものをすることで、言葉によるものだけではない。言葉によって褒めるのは praise であり、次の例のような言い方もある。
* We received a tribute of praise from our chariman.(社長からお褒めの言葉をいただいた)。
 tribute には意図的なものとそうでないものがある。

A 意図的な例:
* The cocktail party is meant to be our tribute to him. He is the only writer who deserves such a tribute from us in our book. - New Yorker.(このカクテル・パーティーは我社(New Yorker 誌)の彼に対する公の賛美として催されたものだ。我々の採点では、こういう尊敬を我々から受ける価値のある作家(著作家)は彼一人きりなのだ。)

B 意図的でない例:
* The violent reaction and controversy his work aroused in the public is a tribute to the power ot his art.(彼の作品の引き起こした激しい反感や論争は、彼の芸術の力を世に示すものだ。)


 R英単語・熟語集の用例とはできるだけ重複しないようにしますが、用例が少ない場合はどうしても重複してしまいます。あしからず。


A.ラッセルの著作における用例

<用例1>
At last, in Teutonic countries, the moral revolt became strong enough to allow free play to economic motives : there was a general refusal to pay tribute to Rome, and princes and nobles seized the lands of the Church.
[終にゲルマン民族の国々で道徳的反感が強くなり,その結果,経済的動機に対し自由に振る舞うことを認める(許す)ほどとなった。つまり,ローマ(教皇)に貢物を捧げること(pay tribute to Rome)を拒否することが一般的なものとなり,王侯貴族たちはカトリック教会の土地を押収した。]
 出典:ラッセル『権力』第4章「聖職者(僧侶)の権力

<用例2>
The effort of turning away one's thoughts is a tribute to the horribleness of the spectre from which one is averting one's gaze.
[考えをよそへそらそうと努力すれば,目をそむけようとしている幽霊の恐ろしさが一段と増してくる(恐怖に貢物をする=恐怖に寄与する=恐怖を増す)。]
 出典:ラッセル『幸福論』第5章「疲労


B.他の参考例

<参考例1>
What is a better tribute to a scientist than to utilize his discoverry?
[その人の発見を利用(活用)すること以上に、科学者へのよい賛辞があるだろうか?]
 『英単語ターゲット1900』p.359

<参考例2>
After the actor's death, his closest friend paid tribute to him.
[その俳優が亡くなった後、彼の最も親しい友人が賛辞を述べた。]
 『九大英単』p.112

<参考例3>
I would like to pay tribute to his remarkable contribution to the project.
[プロジェクトへの彼の顕著な貢献に敬意を表したいと思います。]
 『キクタン TOEIC TEST SCORE 990』p.143

<参考例4>
I'd like to pay tribute to (= praise and thank) the office staff for all the hard work they've put in on this project.
 Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.