(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.5:Fatigue   Contents(総目次)

 これは,恐怖心を避けるためのより一般的なテクニックの一部である。心配は,恐怖の1つの形であり,恐怖心はどのような形のものであれ,疲労を生じさせる。恐怖心を感じないことを学んだ人は,日常生活における疲労が著しく減少することに気づくだろう。ところで,最も有害な形の恐怖心は,何らかの危険があるのにその危険と直面することをいやがっている場合に生じる。時たま,恐ろしい考えが心の中へ駆け込んでくる。それ(恐ろしい考え)が何であるかは人によって異なるが,ほとんど皆,何らかの潜在的な恐怖心を持っている。ある人の場合は癌(にならないかという恐怖)であり,ある人の場合は破産(しないかという恐怖)であり,ある人の場合は不名誉な秘密の露見(の恐怖)であり,ある人の場合はしっと深い疑惑に悩まされ,ある人の場合は若い時に聞かされた地獄の業火の話は本当かもしれないという考えに夜になると絶えずつきまとわれる。おそらく,こういう人たちは皆,恐怖心を処理するのにまちがったテクニックを用いているのである。恐怖が心に入り込んでくるといつも別のことを考えようと試みる。(すなわち)娯楽とか仕事とか,その他いろいろな方法で考えを紛らそうとする。ところで(さて),恐怖心はどのようなものであれ,直視しないことによってよりひどいものになっていく。考えをよそへそらそうと努力すれば,目をそむけようとしている幽霊の恐ろしさが一段と増してくる。あらゆる種類の恐怖に対処する正しい道は,理性的かつ平静に,しかし非常に集中的に,その恐怖がすっかり身近なものになるまで考えることである。ついには,なじんでしまうことにより恐ろしさが薄らいでくる。(そうして)その事柄がまったく退屈なものとなり,考えがそこからそれていく。それも,以前のように,意志的に努力したからではなく,ただ,そういう題目に興味がなくなったからである。あなたが何かをくよくよ考えこみがちになっているならば,それが何であれ,つねに最善の策は,それについていつもよりもいっそう多く考えてみることである。ついには,その病的な魅力もしだいに消え去ってしまうのである。
* From Free animation library
https://www.animationlibrary.com/a-l/

This is part of a more general technique for the avoidance of fear. Worry is a form of fear, and all forms of fear produce fatigue. A man who has learnt not to feel fear will find the fatigue of daily life enormously diminished. Now fear, in its most harmful form, arises where there is some danger which we are unwilling to face. At odd moments horrible thoughts dart into our minds; what they are depends upon the person, but almost everybody had some kind of lurking fear. With one man it is cancer, with another financial ruin, with a third the discovery of some disgraceful secret, a fourth is tormented by jealous suspicions, a fifth is haunted at night by the thought that perhaps the tales of hell-fire told him when he was young may be true. Probably all these people employ the wrong technique for dealing with their fear; whenever it comes into their mind, they try to think of something else; they distract their thoughts with amusement or work, or what not. Now every kind of fears grows worse by not being looked at. The effort of turning away one's thoughts is a tribute to the horribleness of the spectre from which one is averting one's gaze; the proper course with every kind of fear is to think about it rationally and calmly, but with great concentration, until it has become completely familiar. In the end familiarity will blunt its terrors; the whole subject will become boring, and our thoughts will turn away from it, not, as formerly, by an effort of will, but through mere lack of interest in the topic. When you find yourself inclined to brood on anything, no matter what, the best plan always is to think about it even more than you naturally would, until at last its morbid fascination is worn off.