(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『宗教と科学』(松下彰良・訳)

Religion and Science, 1935, by Bertrand Russell
by Bertrand Russell

Back(前ページ) 第10章_イントロ累積索引 Contents(総目次)
 

第10章 結論 n.5

 知的自由への脅威は、今日、1660年以降のいかなる時代よりも大きい(訳注:イングランドでは1660年に王政復古があった)。しかし、その脅威は、今日では、キリスト教教会からはきていない。それは,政府からきており、現代の無政府状態及び混乱の危機のせいで、以前キリスト教会の権威に属していた神聖にして犯すべからざる性格を政府が受け継いでいる。古い形態のものの減衰に満足気に(complacently)喜ぶよりも、迫害の新しい形態に抵抗することこそ、科学者科学的知織を尊ぶ全ての者明確な義務である。そうして、この義務は、特定の教義を好み,その教義を支持することによって迫害が生ずることによって(起こるからといって),決して軽減されることはない。共産主義を好むために(好むからといって)、ロシアにおいて何が不適切であるかを進んで認めないようなことはあってはならず、また、ロシアにおけるドグマ(注:固定化された堅固な信条)を批判することを許さない体制が、結局は、新しい知識を発見するための障害になることを認識しないようではいけない。また、逆に、共産主義や社会主義を嫌悪するからといってドイツにおいてそれらを抑圧するために行なわれてきた野蛮行為を大目に見る(容認する)結果になってもいけない。科学者が望むだけの知的自由をほぼ勝ち得ている国々においては、科学者は、自由が抑圧される教説が何であろうとも、(世界の)どこであっても、知的自由が削減されることを嫌悪することを、公平な(偏見のない)非難によって示すべきである。

 知的自由が個人的に重要であるような人々は、社会においてはマイノリティかも知れない。しかし、それらの人々の中には(among them)、将来の世界にとって最重要な人々が存在している。我々は、コペルニクスやガリレオやダーウィンが人類の歴史における重要性を考察してきた。そうして、将来、このような人々がもはや生れないと想定することはできない。もし、彼ら(そういった人たち)が、彼らの仕事や彼らにふさわしい影響を及ぼすことが妨げられるとしたら、人類は沈滞し、かつて暗黒時代が古代の輝かしい時代の後に出現したように、新しい晴黒時代が到来するであろう(今後現れるであろう)。新しい真理は、特に権力をもっている者には、しばしば、不愉快なものである。それにも拘わらず、それは(新しい真理は)、長い残酷と頑迷の(人類の)記録の中にあって、知的であるがが気まぐれ々人類にとって最も重要な偉業である。[完]

Chapter 10: Conclusion, n.5

The threat to intellectual freedom is greater in our day than at any time since 1660 ; but it does not now come from the Christian Churches. It comes from governments, which, owing to the modern danger of anarchy and chaos, have succeeded to the sacrosanct character formerly belonging to the ecclesiastical authorities. It is the clear duty of men of science, and of all who value scientific knowledge, to protest against the new forms of persecution rather than to congratulate themselves complacently upon the decay of the older forms. And this duty is not lessened by any liking for the particular doctrines in support of which persecution occurs. No liking for Communism should make us unwilling to recognize what is amiss in Russia, or to realize that a regime which allows no criticism of its dogma must, in the end, become an obstacle to the discovery of new knowledge. Nor, conversely, should a dislike of Communism or Socialism lead us to condone the barbarities which have been perpetrated in suppressing them in Germany. In the countries in which men of science have won almost as much intellectual freedom as they desire, they should show, by impartial condemnation, that they dislike its curtailment elsewhere whatever may be the doctrines for the sake of which it is suppressed.

Those to whom intellectual freedom is personally important may be a minority in the community, but among them are the men of most importance to the future. We have seen the importance of Copernicus, Galileo, and Darwin in the history of mankind, and it is not to be supposed that the future will produce no more such men. If they are prevented from doing their work and having their due effect, the human race will stagnate, and a new Dark Age will succeed, as the earlier Dark Age succeeded the brilliant period of antiquity. New truth is often uncomfortable, especially to the holders of power ; nevertheless, amid the long record of cruelty and bigotry, it is the most important achievement of our intelligent but wayward species.
[End of Text]
(掲載日:2019.3.6/更新日: )