(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『宗教と科学』(松下彰良・訳)

Religion and Science, 1935, by Bertand Russell

Back(前ページ) 第5章_イントロ累積索引 Next(次ページ) Contents(総目次)
 

第5章 魂と肉体 n.25


ラッセル英単語・熟語1500
 もし,我々が肉体の死後(自分という)人格が生き残ることを信じようとするなら,我々は記憶の継続性(注:死後も生前と同じ記憶を保有していること)あるいは少なくとも習慣の継続性を想定しなければならない。なぜなら,もしそうでないとしたら,同一人物が継続して存在する(存続する)と想定する理由がまったくないからである。しかし,この点において,生理学上,難点がある。習慣と記憶は,両方とも,肉体,特に脳に及ぼされた影響に起因している(due to 起因する,〜のせい)。(即ち)習慣の形成は,水路の形成に類似したものと考えてよいだろう。さて,習慣と記憶を生じさせる肉体への影響(肉体の)死と腐敗によって消失する。また −ほとんど奇跡であるが(short of miracle)−それらの肉体への影響が,我々があの世でその中に住むと想定される新しい肉体にどのようにして移されるかを理解することは困難である。もし,我々が肉体から遊離した霊(肉体なしに存在する霊)(disembodied spirits)であるとすると,困難は増すのみである。実際,現代の物質観のもと,肉体から分離した霊というものが論理的に可能か(ありうるか)は疑問である。物質とは事象をグルーピングする(ひとまとめにする)一つの方法にすぎず,従って,事象の存するところには物質が存在する。もし私が主張するように,その人物の肉体が生きている間を通して、その人物(人格)の継続性が習慣形成に依存するのなら,それはまた,肉体の継続性にも依存しなければならない(ことになる)。(従って)ある人物を何ら同一性を失うことなく天(天国/あの世)に移すことは,水路を何ら同一性を失うことなく天に移すのと同様に容易であろう。(反語的言い方。つまり、水路を同一性を失うことなく天国に移すことは困難なので,ある人物を同一性を失うことなく天国に移すことは困難であろう。)

Chapter V Soul and Body, n.25


ラッセル関係電子書籍一覧
If we are to believe in the survival of a personality after the death of the body, we must suppose that there is continuity of memories or at least of habits, since otherwise there is no reason to suppose that the same person is continuing. But at this point physiology makes difficulties. Habit and memory are both due to effects on the body, especially the brain ; the formation of a habit may be thought of as analogous to the formation of a water-course. Now the effects on the body, which give rise to habits and memories, are obliterated by death and decay, and it is difficult to see how, short of miracle, they can be transferred to a new body such as we may be supposed to inhabit in the next life. If we are to be disembodied spirits, the difficulty is only increased. Indeed I doubt whether, with modern views of matter, a disembodied spirit is logically possible. Matter is only a certain way of grouping events, and therefore where there are events there is matter. The continuity of a person throughout the life of his body, if, as I contend, it depends upon habit-formation, must also depend upon the continuity of the body. It would be as easy to transfer a water-course to heaven without loss of identity as it would be to transfer a person.
(掲載日:2018.11.16/更新日: )