(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 宗教と科学 第3章
ダーウィンは「どろ崇拝の天使」?(松下 訳)

Religion and Science, 1935, by Bertrand Russell

Back(前ページ) 第3章_イントロ累積索引 Next(次ページ) Contents(総目次)
 

第3章 進化 n.23


ラッセル英単語・熟語1500
 けれども,神学者たちは,一般の人々よりも,(ダーウィンの学説に)含まれているもの(こと)を明白に見て取った(理解した)。彼らは(次のように)指摘した。人間は猿が持っていない不滅の魂をもっている;キリストは人間を救うために死んだのであり,猿を救うためでない;人間は神から善悪を判断する感覚を植え付けられているが,猿はもっぱら本能によって導かれている。もし人間が猿からわずかな歩み(ステップ)で発達・進化したとするなら,一体,人間は何時突然これらの神学的に重要な特徴を獲得したというのか? 1860年(「種の起源」が出た翌年),英国学術協会(The Brisith Association)において,大司教ウィルバーフォース(Samuel Wilberforce,1805-1873)は,ダーウィン主義に反対して次のように絶叫した(怒鳴りつけた)。「自然淘汰の原理神の言葉と絶対的に両立しない!」と。しかし,彼の雄弁も全て徒労に終わり,そうして,ダーウインを擁護したハックスレー(Thomas Henry Huxley, 1825- 1895)が議論において彼を打ちまかしたと一般に考えられた。人々はもはや教会の不興を怖れず,そうして,動物や植物の種の進化は,間もなく,生物学者の間で公認の学説になった。ただし,チチェスターの主席司祭は,オクスフォード大学でのある説教の中で,オックスフォード(大学)に対し,「(我々の)最初の親であるアダムの創造の歴史を,文字通りの意味で受け入れることを拒む者,またそれ(アダムの創造の歴史)の代わりに進化という現代の夢想を持ってこようとする者は,(キリストによる)人間救済の全計画を瓦解させるものである」と告げている。また,カーライルだが −彼はその教義を信じることはないがキリスト教正統信仰の不寛容を保持しており− ダーウインを「どろ崇拝の天使」(apostle of dirt-worship)と呼んだ。

Chapter 3: Evolution, n.23


Kindle series
The theologians, however, saw what was involved more clearly than did the general public. They pointed out that men have immortal souls, which monkeys have not ; that Christ died to save men, not monkeys ; that men have a divinely implanted sense of right and wrong, whereas monkeys are guided solely by instinct. If men developed by imperceptible steps out of monkeys, at what moment did they suddenly acquire these theologically important characteristics? At the British Association in 1860 (the year after The Origin of Species appeared), Bishop Wilberforce thundered against Darwinism, exclaiming : "The principle of natural selection is absolutely incompatible with the word of God." But all his eloquence was in vain, and Huxley, who championed Darwin, was generally thought to have beaten him in argument. Men were no longer afraid of the Church's displeasure, and the evolution of animal and vegetable species was soon the accepted doctrine among biologists, although the Dean of Chichester, in a University sermon, informed Oxford that "those who refuse to accept the history of the creation of our first parents according to its obvious literal intention, and are for substituting the modern dream of evolution in its place, cause the entire scheme of man's salvation to collapse" ; and although Carlyle, who preserved the intolerance of the orthodox without their creed, spoke of Darwin as an "apostle of dirt- worship."
(掲載日:2018.09.05/更新日: )