(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『宗教と科学』(松下彰良・対訳)

Religion and Science, 1935, by Bertrand Russell

Back(前ページ) 第2章_イントロ累積索引 Next(次ページ) Contents(総目次)
 

第2章 コペルニクス的革命(コペルニクス的転回) n.4


ラッセル関係電子書籍一覧
 この点,ウェスリーは,ある意味では,正しかった,と私は思う。人間(人類)の重要性は、旧約と新約両方の,聖書の教え本質的な部分である(注:津田氏は「The importance of Man」を「人間の尊厳」と訳しているが,聖書の時代に近代的な考え方があるわけではないので、どこかずれている)。実際,世界を創造した神の目的は,主として,人間(人類)に関係しているものだと思われる。もし,人間(人類)が(神の)被造物の最も重要なものでなかったなら,(神のキリストにおける)顕現や贖罪(注:キリストが人間の罪を背負って受難したこと)の教えはおそらくありえなかったであろう。コペルニクス天文学の中には,我々(人間)が自身を(重要だと)と自然に考えているほど重要ではないということを証明しようとするようなところはない。しかし,我々の惑星(地球)(宇宙の)中心的位置から強制的に退位させることは,我々人間の想像力に対し,地球上の住民の強制退位を同様に示唆する。太陽と月,(また)惑星と恒星が日に一度地球の周りを回ると考えられていた間は,それらは我々人間(人類)のために存在し,我々は創造主にとって特別な関心事(関心の対象)であると考えることは容易であった。(注:津田氏は「and that we were of special interest to the Creator」のところを「我々が創造主に対して特別な利害関係を持っていること」と訳している。ここは素直に訳したほうがよいと思われる。因みに,「of interest」は「興味のある」で,「a matter of great interest to me」は「私に大いに興味のある事柄」) しかし,コペルニクスとその後継者たちが,世界に対し,星々が我々地球にまったく見向きもしない間に回転しているのは我々(地球)だと説得した時に; 我々の地球は惑星のいくつかと比べて小さく,それらの惑星は太陽と比べて小さいことが明らかになると,また,計算と望遠鏡によって,太陽系の(広大さ),我々の銀河の(広大さ),ついには無数の銀河からなく宇宙広大さが明らかになると,もし人間(人類)が伝統的神学において割り当てられたような宇宙的意義を持っているなら,地球が今あるように遠く片すみに隔てられたところにあって,人間(人類)の住家として期待される重要性を持つことができると信ずることは,ますます困難になった。その(宇宙の)規模を考えてみただけでも,我々人類はもしかすると宇宙(創造)の目的ではないかも知れないということを示唆した。長々と(ぐずぐずと)自己評価をし,もし我々人間が宇宙の目的でないのなら,宇宙にはきっと目的はないのだと,ささやいた(注:lingering (形容詞) 長びく/a lingering disease 長患い)。私はそのような反省(内省)が何らかの論理的説得力を持っているとか,ましてや,それがコペルニクスの体系(地動説)によってただちに広く喚起された(呼び起こされた)とか,言おうとしているのではない。私は,ただ,この体系(地動説)が心の中に生き生きと現存していた人々の間にそのような反省(内省)を呼び起す傾向があったと言っているだけである。(原注:たとえば,ジョルダノ・ブルーノは、異端審問所の獄に入れられた後,1600年に生きたまま火刑=火あぶりの刑にされた。) 従って,キリスト教会が,プロテスタントやカトリック同様,この新しい天文学に敵意を感じ,それに異端の焼印を押す根拠を探し求めたことは,驚くべきことではない。

Chapter 2: The Copernican Revolution, n.4

In this, I think, Wesley was, in a certain sense, in the right. The importance of Man is an essential part of the teaching of both the Old and New Testaments ; indeed God's purposes in creating the universe appear to be mainly concerned with human beings. The doctrines of the Incarnation and the Atonement could not appear probable if Man were not the most important of created beings. Now there is nothing in the Copernican astronomy to prove that we are less important than we naturally suppose ourselves to be, but the dethronement of our planet from its central position suggests to the imagination a similar dethronement of its inhabitants. While it was thought that the sun and moon, the planets and the fixed stars, revolved once a day about the earth, it was easy to suppose that they existed for our benefit, and that we were of special interest to the Creator. But when Copernicus and his successors persuaded the world that it is we who rotate while the stars take no notice of our earth ; when it appeared further that our earth is small compared to several of the planets, and that they are small compared to the sun ; when calculation and the telescope revealed the vastness of the solar system, of our galaxy, and finally of the universe of innumerable galaxies -- it became increasingly difficult to believe that such a remote and parochial retreat could have the importance to be expected of the home of Man, if Man had the cosmic significance assigned to him in traditional theology. Mere considerations of scale suggested that perhaps we were not the purpose of the universe ; lingering self-esteem whispered that, if we were not the purpose of the universe, it probably had no purpose at all. I do not mean to say that such reflections have any logical cogency, still less that they were widely aroused at once by the Copernican system. I mean only that they were such as the system was likely to stimulate in those to whose minds it was vividly present.(note: For example, Giordano Bruno, who after seven yeas in the prisons of the Inquisition, was burned alive in 1600) It is therefore not surprising that the Christian Churches, Protestant and Catholic alike, felt hostility to the new astronomy, and sought out grounds for branding it as heretical.


(掲載日:2018.07.11/更新日: )