(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第17章__累積索引 Contents(総目次)
 

第17章 権力の倫理学, n.9

 権力愛の形態を決める際の技術(skill 技能)の重要性はとても大きい。破壊(行為)(という形態)においては,大雑把に言って,近代戦の若干の形態は別として,技術(技能)をほとんで必要としない。一方,建設(行為)(という形態)においては,常に技術(技能)が必要であり,権力愛の最高度の形態においては,大量の技術(技能)が必要である。難しい型の技術(技能)を習得した人々の大部分は,その技術(技能)を行使するのを楽しみ,より容易な活動よりもこの難しい活動の方を好む。これが,難しい技術(技能)のほうが -技術以外の他の点が同じだとすれば- 容易な技術(技能)よりも権力愛を満足させてくれる理由である。機上から爆弾を投下することを学んだ者は,平時においては,自分が就職できるであろう(be open to 自分に対して開かれている)平凡な職業よりも爆弾投下のほうを好むであろう。しかし(たとえば)黄熱病と闘うことを学んだ人は,戦時においては,軍医の仕事よりも,黄熱病と闘うことのほうを好むであろう。近代戦は大量の技術(技能)を必要とし,そのことは,各種の専門家にとって,近代戦を魅力的なものにすることを助長する。多くの科学技術(技能)は,平時においても戦時においても,等しく必要とされる。(また)科学的な平和主義者(a scientific pacifist)が,自分の発見あるいは発明が,次の(今後の)闘争において破壊を増大させるために使用されないであろうことを確実にする方法はまったくない。にもかかわらず,大雑把に言って,平時においてもっとも活動範囲を見出す技術(技能)と,戦時においてもっとも活動範囲を見出す技術(技能)との間には(一つの)区別がある。そのような区別が存在するかぎり,人間の権力愛は,権力を持っている人の技術(技能)が前者ならばその人を平和の方へと傾かせるであろうし,後者ならば戦争の方へと傾かせるであろう。このようにして,技術的訓練は,権力愛のとるぺき形態を決定するために大きな働きをすることができる(のである)。

Chapter 17: The Ethics of Power, n.9

The importance of of skill in determining the form taken by love of power is very great. Destruction, broadly speaking, apart from certain forms of modern war, requires very little skill, whereas construction always requires some, and in the highest forms requires a great deal. Most men who have acquired a difficult type of skill enjoy exercising it, and prefer this activity to easier ones ; this is because the difficult kind of skill, other things being equal, is more satisfying to love of power. The man who has learnt to throw bombs from an aeroplane will prefer this to the humdrum occupations that will be open to him in peace time; but the man who has learnt (say) to combat yellow fever will prefer this to the work of an army surgeon in war time. Modern war involves a very great deal of skill, and this helps to make it attractive to various kinds of experts. Much scientific skill is needed equally in peace and in war; there is no way by which a scientific pacifist can make sure that his discoveries or inventions will not be used to increase the destruction in the next struggle. Nevertheless, there is, speaking broadly, a distinction between the kinds of skill that find most scope in peace and those that find most scope in war. In so far as such a distinction exists, a man's love of power will incline him to peace if his skill is of the former kind, and to war if it is of the latter. In such ways, technical training can do much to determine what form love of power shall take.
1
(掲載日:2018.04.20 /更新日: )