(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第17章__累積索引 Contents(総目次)
 

第17章 権力の倫理学, n.5

 けれども,武力(強制力)の要素がある程度なければ,文明社会の存在は不可能である。それは,犯罪者や反社会的な野心を持った者たちが存在しており,もしそれらの人たちを野放しにしておけば,すぐに無政府状態野蛮状態(未開状態)に後戻りを引き起こすだろうからである。武力(行使)が避けられない場合には,刑法に表現されているような社会の意志に従って,(法律によって)設置された権力(the constituted authority)によって行使されるべきである。けれども,この点においては、2つの難点が存在している。第一は,最も重要な武力の行使は相異なる国家間におけるものであり,そうした場合には,そこには共通の(上位の)政府はまったく存在しておらず,有効と認められる法律司法上の権威もないという難点である。
第二は,政府のもとに武力を集中化すれば,ある程度まで,社会の(政府関係者以外の)他の人々に対して暴政をふるうことを可能にするという難点である。これらの難点については,次章において考察しよう。本章においては,私は,権力を個人道徳に関連して考察しており,政府に関連して考察はしていない。

Chapter 17: The Ethics of Power, n.5

The existence of civilized communities, however, is impossible without some element of force, since there are criminals and men of anti-social ambitions who, if unchecked, would soon cause a reversion to anarchy and barbarism. Where force is unavoidable, it should be exerted by the constituted authority in accordance with the will of the community as expressed in the criminal law. There are, however, two difficulties at this point: first, that the most important uses of force are between different States, where there is no common government and no effectively acknowledged law or judicial authority ; second, that the concentration of force in the hands of the government enables it, to some extent, to tyrannize over the rest of the community. Each of these difficulties I shall consider in the next chapter. In the present chapter I am considering power in relation to individual morality, not in relation to the government.
(掲載日:2018.04.16 /更新日: )