(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第15章__累積索引 Contents(総目次)
 

第15章 権力と道徳律, n.7

 これ(バジョットの述べていること)は,真理でありかつ重要である。君主政社会の団結を容易にするものである。その理由の第一は,抽象的なものに対してよりも一個人に忠誠を感ずるほうが難しくないからである。理由の第二は,王権(kingship)は,その永い歴史の中で,新しい制度ではまったく起こさせることのできない崇拝の感情を徐々に蓄積してきたからである。世襲の君主政廃止されたところでは,長期間たってからあるいは短期間後に,通例(君主制以外の)何らかの形のワンマン政治(独裁制)によって引き継がれてきた。(たとえば)古代ギリシアの僭主政治,ローマ帝国(の皇帝),英国(イングランド)のクロムウェル,フランスのナポレオン一族,今日のスターリンやヒトラー(による独裁制である)。こういった人たちは,以前(昔)王位(royalty)に付着していた(attached to 結合していた)様々な感情の一部を受け継いでいる(のである)。(たとえば)ロシアの裁判の被告の告白の中に,,最も古めかしくかつ伝統的な絶対君主政にふさわしいだろうような,支配者に対する服従の道徳を受容していることに気づくと面白い(興味深い)。しかし,新しい独裁者は,よほど非凡な人間でもないかぎり,世襲の君主たちがかつて享受したのと同様の宗教的崇拝を(人民に)吹きこむことはほとんど不可能である。

Chapter 15: Power and Moral Codes, n.7

This is both true and important. Monarchy makes social cohesion easy, first, because it is not so difficult to feel loyalty to an individual as to an abstraction, and secondly, because kingship, in its long history, has accumulated sentiments of veneration which no new institution can inspire. Where hereditary monarchy has been abolished, it has usually been succeeded, after a longer or short time, by some other form of one-man rule : tyranny in Greece, the Empire in Rome, Cromwell in England, the Napo1eons in France, Stalin and Hitler in our own day. Such men inherit a part of the feelings formerly attached to royalty. It is amusing to note, in the confessions of the accused in Russian trials, the acceptance of a morality of submission to the ruler such as would be appropriate in the most ancient and traditional of absolute monarchies. But a new dictator, unless he is a very extraordinary man, can hardly inspire quite the same religious veneration as hereditary monarchs enjoyed in the past.
1
(掲載日:2018.02.27 /更新日: )