(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第15章__累積索引 Contents(総目次)
 

第15章 権力と道徳律, n.6

 王(国王)は,ジョージ一世に至るまで,宗教的な崇拝の対象であった。
王の周囲には神聖な垣根がはりめぐらされており
反逆者は中を覗いてみることだけで
それ以上のことはほとんど何もできない
(シェイクスピア『ハムレット』第三幕第五場)
反逆」という言葉は,共和政体下においてさえ,やはり,少し不敬の香りがする。英国(イングランド)においては,政府は忠誠の伝統によって大いに利益を得ている。ヴィクトリア時代の政治家は,グラッドストーン氏(William Ewart Gladstone, 1809年-1898年:ヴィクトリア朝中期から後期にかけて,4度首相を務めた。)でさえ,ヴィクトリア女王を決して(1日でさえ)首相不在の状態に置かないように取り計らうことは政治家としての義務であると感じていた(注:see to it 取り計らう)権威に従う義務は,いまだ,多くの者によって元首(sovereign 君主)に対する義務と感じられている。これは次第に衰えつつある感情であるが,その感情の衰えとともに,政府はより安定性を欠くようになり(不安定になり),右翼または左翼の独裁政権がより起こりそうになる。

 バジョットの『英国憲法』は,いまだ一読の価値がある書物であり,以下のように,君主政治の議論を始めている。
「威厳のある地位にある女王の効用は測りがたいものである。女王がいなければ,現在の英国政府は失敗し,消え去ってしまうであろう。大部分の人々は,(ヴィクトリア)女王ウィンザー城の坂道を歩いた(散歩した)とかプリンス・オブ・ウェイルズ(皇太子=ウェールズ公)がダービーに出かけられたというようなこと(記事)を読む時,小さなつまらない事柄にあまりにも多すぎる思考や注目が与えられていると思い描いてきた(想像してきた)。しかし,彼らがそう考えてきたことは間違っている。それに,(退位した)皇太后の行動やいまだ職をもたない青年(プリンス)の行動がいかにして重要なものになるか(と)追跡することは気持ちのよいことである。君主政強力な政体(政治体制)である最良の理由は,君主政が解り易い政体だということである。人類の大多数は,この政治体制を理解し,また,世界のいかなるところにおいても,これ以外の政体をほとんど理解できない(のである)。人は想像力によって支配されるとよく言われれる。しかし,人は想像力の弱さ(貧困)によって支配されると言ったほうが,より真実に近いであろう。
 

Chapter 15: Power and Moral Codes, n.6

Kings, until George I, were objects of religious veneration.
There's such divinity doth hedge a king,
That treason can but peep the thing it would,
Acts little of his will.
The word "treason," even in republics, has still a flavour of impiety. In England, government profits much by the tradition of royalty. Victorian statesmen, even Mr. Gladstone, felt it their duty to the queen to see to it that she was never left without a Prime Minister. The duty of obedience to authority is still felt by many as a duty towards the sovereign. This is a decaying sentiment, but as it decays government becomes less stable, and dictatorships of the Right or the Left become more possible. Bagehot's English Constitution - a book still well worth reading - begins the discussion of the monarchy as follows :
The use of the queen, in a dignified capacity, is incalculable. Without her in England, the present English Government would fail and pass away. Most people when they read that the queen walked on the slopes at Windsor - that the Prince of Wales went to the Derby - have imagined that too much thought and prominence were given to little things. But they have been in error; and it is nice to trace how the actions of a retired widow and an unemployed youth become of such importance. The best reason why Monarchy is a strong government is, that it is an intelligible government. The mass of mankind understand it, and they hardly anywhere in the world understand any other. It is often said that men are ruled by their imaginations; but it would be truer to say that they are governed by the weakness of their imaginations.
1
(掲載日:2018.02.26 /更新日: )