(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第15章__累積索引 Contents(総目次)
 

第15章 権力と道徳律, n.8

 王権の場合は,我々がすでに見てきたように,その宗教的要素は,しばしば権力に干渉しさえするほど,保持されてきた(has often been carried so far as to interfere with power. 携行して持ち運ばれてきた)。けれども,そうした時でもなお(even then),王権における宗教的な要素は,王を象徴とする社会制度(注:天皇制など)に安定をもたらすのを助けてきた(のである)。これは,多くの半開(注:文明と未開の中間)の国々に起こってきたことであり,(君主制を引いている)日本や英国において,起こってきたことである。英国においては,王は過誤を犯すことができないという理論(教義)は,王から権力を奪う武器として利用されてきたが,それは(王の臣下である)大臣たちが,王がいない場合よりも,一そう大きな権力をもつことを可能にしてきた(注:日本における天皇の利用など)伝統的な君主政体のあるところではどこでも,政府に対する反抗王に対する攻撃(offence)であり,正統派(伝統主義者)の人々によって一つのでありかつ不敬であると見なされる。従って、王権は,おおざっぱに言って,それがどのようなものであれ,現状維持に味方する力として働く。王権の最も有用な機能は,歴史的に言って,社会の団結に都合の良い感情を国全体に幅広く拡散させること(そういう感情を創生すること)であった。人は生れつきそれほど群生的ではないので,無政府状態に陥る危険が常にあり,王権はその危険を防ぐために多くのことを(これまで)やってきた。けれども,このような長所に対抗するものとして,王権は古代からの悪徳を永続化し,望ましい変革に反対する(様々な)力を増大させるという短所(欠点)を置かなければならない(長短両面から考えないといけない)。このような短所(欠点)が,近代において,地球の表面の大部分にわたって,君主政体の消滅を引き起こしてきたのである。

Chapter 15: Power and Moral Codes, n.8

In the case of kingship, the religious element, as we have seen, has often been carried so far as to interfere with power. Even then, however, it has helped to give stability to the social system of which the king is a symbol. This has happened in many semi-civilized countries, in Japan, and in England. In England, the doctrine that the king can do no wrong has been used as a weapon for depriving him of power, but it has enabled his Ministers to have more power than they would have if he did not exist, Wherevere there is a traditional monarchy, rebellion against the government is an offence against the king, and is regarded by the orthodox as a sin and an impiety. Kingship acts therefore, broadly speaking, as a force on the side of the status quo, whatever that may be. Its most useful function, historically, has been the creation of a widely diffused sentiment favourable to social cohesion. Men are so little gregarious by nature that anarchy is a constant danger, which kingship has done much to prevent. Against this merit, however, must be set the demerit of perpetuating ancient evils and increasing the forces opposed to desirable change. This demerit has, in modern times, caused monarchy to disappear over the greater part of the earth's surface.

1
(掲載日:2018.02.28 /更新日: )