(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第15章__累積索引 Contents(総目次)
 

第15章 権力と道徳律, n.2

 実際的道徳のこの側面は重要ではあるが,(本章で)私が扱いたいと考えているもの(側面)ではない。私は,(一般に)受容されている倫理規則における権力に役立つ(奉仕する)側面について考察したい。伝統的道徳の(諸)目的は,通常は意識されないものであるが,− その目的の一つは,既存の社会制度をうまく機能させること(働かせること)である。伝統的道徳は,これ(この役割・機能)を警察力よりも,より安価かつより効果的に成功する場合,この目的を達成する。しかし,伝統的道徳は,ともすれば,権力の再配分の欲求によって触発された革命的道徳と対時する傾向がある(革命的勢力がたちはだかりがちである)。私は,本章において,まず,権力が道徳律(moral codes)に対する影響について,次に,道徳のために権力以外の基礎(basis 根拠)を発見できるかどうかという問いについて,考察したい。

 権力道徳の最も明らかな例は,従順(服従)を教え込むこと(inculcation)である。従順(服従)は,子供が親に,妻が夫に,召使い(使用人)が主人に,臣民が王侯に,そして(宗教に関しては)俗人が聖職者(priests)に,従う義務である(というよりも,むしろ,義務であった)。また,かつての軍隊修道会(religious orders)には,もっと特殊な形の服従の義務があった。これらの義務にはいずれも長い歴史があり,それらはそれぞれが関係する制度の歴史と並走しているのである(running parallel with)

Chapter 15: Power and Moral Codes, n.2

This aspect of positive morality, important as it is, is not the one with which I wish to deal. I wish to consider those aspects of accepted ethical codes in which they minister to power. One of the purposes - usually in large part unconscious - of a traditional morality is to make the existing social system work. It achieves this purpose, when it is successful, both more cheaply and more effectively than a police force does. But it is liable to be confronted with a revolutionary morality, inspired by the desire for a redistribution of power. I want, in this chapter, to consider, first, the effect of power on moral codes, and then the question whether some other basis can be found for morality.

The most obvious example of power-morality is the inculcation of obedience. It is (or rather was) the duty of children to submit to parents, wives to husbands, servants to masters, subjects to princes, and (in religious matters) laymen to priests; there were also more specialized duties of obedience in armies and religious orders. Each of these duties has a long history, running parallel with that of the institution concerned.
1
(掲載日:2018.02.21 /更新日: )