(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第15章__累積索引 Contents(総目次)
 

第15章 権力と道徳律, n.3

 まず(親に対する)孝行から(検討を)始めよう。今日(でも)親が年を取りすぎて働けなくなると,親を食肉用として売る未開人が存在している(注:本書出版の1938年当時のことです)文明の発達のある段階で,誰か異常に深謀遠慮の人(の頭/の心)に,自分が年取った時に自分を生かしておくように導くような気持ち( a state of mind 心理状態)を,子供がまだ幼い内に,子どもたち(の心)に植えつけることができる,という考えが浮かんだに違いない。恐らく,その人(深謀遠慮の人)は,すでに自分の両親は処分されてしまっている人であったであろう(注:従って,自分はあのように扱われたくないという思いから・・・)。(慣例を無視する)自分の破壊的な意見を支持してくれそうな人々(party 一団)を生み出す際に,単に,彼は思慮分別(prudence)という動機だけに訴えかけたというのは疑わしい(I doubt)。私の考えるところでは,彼(その深謀遠慮の人)は,人権とか,(肉ではなく)果物を主食とすることの長所(注:frugiferous は frugivorous (実を常食とする)の誤字か?),子供たちのために働いてすり減ってしまった老人に道徳的な罪はないこと(など)を訴えたのではないかと思う(suspect 〜ではないかと疑う/doubt と suspect との違いに注意) 多分,当時,やせ衰えてはいたけれどもとても賢い老人がいて,その老人の助言が老人の肉体よりもより価値があると思われたのであろう(注:老人を食肉用として売って得る利益よりも老人のアドバイスの方が価値ありとの認識)。それは(以上のことは)ともかくとして(However it may be),(その後)親は食べる(食肉用にする)よりも,敬意を表すべきであると思われるようになった。(今日の)我々にとって,文明時代初期父親に対する敬意は過剰であると思われるけれども,年老いた親を食に供するという儲けになる行為に終止符を打つのにはよほど強力な制止物が必要だったということは記憶しておかなければならない。それから(and so),モーゼの十戒は,父母に敬意を払わなければ(あなたは)若死するであろうと示唆し,古代ローマの人々は親殺しを最も凶暴な罪だと見なし,孔子親孝行道徳の真の基礎にした(ことなど)を理解している(見出している)。こうしたことは,本能的かつ無意識的なものであったとしても,子供たちが無力である初期の時代を超えて,親の権力を引き延ばそうとする一つの工夫(方策)である。もちろん,親の権威は,親による財産の所有によって強められてはきたが,しかし,親孝行というものがなかったならば,若い人々は,父親が弱ってしまった後,(家畜である)羊や牛の群を自由に扱わせておかなかったであろう(認めなかったであろう)。

Chapter 15: Power and Moral Codes, n.3

Let us begin with filial piety. There are savages at the present day who, when their parents grow too old for work, sell them to be eaten. At some stage in the development of civilization, it must have occurred to some man of unusual forethought that he could, while his children were still young, produce in them a state of mind which would lead them to keep him alive in old age; presumably he was a man whose own parents were already disposed of. In creating a party to support his subversive opinion, I doubt whether he appealed merely to motives of prudence; I suspect that he invoked the Rights of Man, the advantages of a mainly frugiferous diet, and the moral blamelessness of the old who have worn themselves out labouring for their children. Probably there was at the moment some emaciated but unusually wise elder, whose advice was felt to be more valuable than his flesh. However this may be, it came to be felt that one's parents should be honoured rather than eaten. To us, the respect for fathers in early civilizations seems excessive, but we have to remember that a very powerful deterrent was needed to put an end to the lucrative practice of having them eaten. And so we find the Ten Commandments suggesting that if you fail to honour your father and mother you will die young, the Romans considering parricide the most atrocious of crimes, and Confucius making filial piety the very basis of morality. All this is a device, however instinctive and unconscious, for prolonging parental power beyond the early years when children are helpless. The authority of parents has of course been reinforced by their possession of property, but if filial piety had not existed young men would not have allowed their fathers to retain control of their flocks and herds after they had become feeble.

1
(掲載日:2018.02.22 /更新日: )