(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『権力』(松下彰良・対訳)

Power, 1938

Back(前ページ) Next(次ページ) 第15章__累積索引 

Contents(総目次)
 

第15章 権力と道徳律, n.1

 道徳には,ともかくも(at any rate どのような状況・場合でも)ヘブライの予言者時代以来,二つの異なる側面があった(を有していた)。(即ち)一方では,道徳法(律)に類似した一つの社会制度であった。他方では,道徳個人の良心の問題であった。前者の側面では,道徳権力機構の一部であり(apparatus 装置;機構)後者の側面では,革命的なものであることが多い。法(律)に類似した部類(種類)の道徳は,「実際的」道徳("positive" morality)と呼ばれているが,もう一方の部類(種類)の道徳は,「個人的」道徳と呼んでもよいであろう。私は,本章において,これら二種類の道徳相互の関係及びそれらの道徳と権力との関係について考察したたい。

 実際的道徳は,個人的道徳よりも古く(古くから存在し),多分,法(律)や政治(組織)よりも古いものであろう。実際的道徳は,もともとは,部族の慣習から成りたっており,法(律)はこの部族の慣習から次第に発達している(発達したものである)。誰と誰が結婚してよいかに関する,非常に原始的な野蛮人の間に見られる、驚くほど入念な規則について考察してみるとよい。このような規則は,最も原始的な未開人の間にも見出されるものである。それらは、我々(現代人)には,単なる規則に思われるが,しかし,そうした規則を受けいれている人々にとっては,おそらく,近親相姦的な結婚(incestuous unions)を禁ずる我々(現代)の規則において我々が感じるような,同様な道徳的な強制力を持っているのであろう。それらの規則の源泉ははっきりしないが,しかし,ある意味で,その源泉は宗教的なものであるのは疑いない(注:近親者同士の結婚がどのような影響を与えるかについての科学的知識を未開人が持っていたわけではないため)実際的道徳のなかのこの部分は,社会的不平等とはまったく関係ないように思われる。(つまり)そのような規則は特権を与えることはないし,特権の存在を仮定もしていない。文明人の間にも,いまだこの種の道徳規則は存在している。(たとえば)ギリシア正教会は,一人の(同じ)子供の代父母(注:キリスト教の洗礼式に立会って神に対する契約の証人となる役割の者で男性は代父で女性は代母と呼称される。)の結婚を禁止しているが,それは善悪いずれの社会的目的をまったく果たすことのない禁制(禁止事項)であるが,しかし,その禁制はもっぱら神学にその起源を持っている。今日,合理的根拠から(一般に)受けいれられている多くの禁制は,もともとは,迷信的なものであったと思われる。殺人は,(殺された人の)幽霊の敵意 −その敵意は殺人者に対してだけでなく,社会に対しても向けられるものであるので− 不愉快なものであった。従って,社会はこの事(問題)に関心を持ち,社会は,刑罰あるいは浄めの儀式のいずれかによって,この事を扱うことができた。浄化はしだいに精神的な意義をもつようになり,(宗教上の)懺悔(悔い改め)赦免と同一視されるようになった。しかし,もとものと儀式的性格は,いまだ「子羊の血で洗い清め( "washed in the blood of the Lamb.")」というような句によって思い出される(呼び戻される)。
 

Chapter 15: Power and Moral Codes, n.1

Morality, at any rate since the days of the Hebrew prophets, has had two divergent aspects. On the one hand, it has been a social institution analogous to law; on the other hand, it has been a matter for the individual conscience. In the former aspect, it is part of the apparatus of power; in the latter, it is often revolutionary. The kind which is analogous to law is called "positive" morality; the other kind may be called "personal." I wish in this chapter to consider the relations of these two kinds of morality to each other and to power.

Positive morality is older than personal morality, and probably older than law and government. It consists originally of tribal customs, out of which law gradually develops. Consider the extraordinarily elaborate rules as to who may marry whom, which are found among very primitive savages. To us, these seem merely rules, but presumably to those who accept them they have the same moral compulsive force as we feel in our rules against incestuous unions. Their source is obscure, but is no doubt in some sense religious. This part of positive morality appears to have no relation to social inequalities; it neither confers exceptional power nor assumes its existence. There are still moral rules of this sort among civilized people. The Greek Church prohibits the marriage of godparents of the same child, a prohibition which fulfils no social purpose, either good or bad, but has its source solely in theology. It seems probable that many prohibitions which are now accepted on rational grounds were originally superstitious. Murder was objectionable because of the hostility of the ghost, which was not directed only against the murderer, but against his community. The community therefore had an interest in the matter, which they could deal with either by punishment or by ceremonies of purification. Gradually purification came to have a spiritual signification, and to be identified with repentance and absolution ; but its original ceremonial character is still recalled by such phrases as "washed in the blood of the Lamb."

1
(掲載日:2018.02.20 /更新日: )